2013年05月15日

サトイモ科の珍しい花

今回はゴールデンウイーク前後にあちらこちらで撮影した花・植物写真の中からサトイモ科の珍しい花をお届けします。

サトイモ科は、花軸に密集した小さな花(肉穂花序)と、それを囲むように発達した苞(仏炎苞)が特徴。
ミズバショウ、ザゼンソウ、コンニャクなども同じ科。

ムサシアブミ(武蔵鐙)
武蔵の国で作られた「鐙(馬に乗る時に足を乗せる部分)」によく似ていたことから名付けられました。
全体的に緑色で仏炎苞に細いすじが目立ちます。
目黒自然教育園で撮影
カーソルを乗せてご覧ください。


ウラシマソウ(浦島草)
55DSCG3224.JPGムサシアブミと比べて全体的に茶色をしています。
仏炎苞の先に長い紐状の付属物があります。
この付属物を浦島太郎の釣り糸に見立てた名付けられました。
いったいこの付属物は何のためなのでしょうね?
自然教育園で撮影。


皇居東御苑の孟宗竹林の中にウラシマソウが咲きます。
かぐや姫と浦島太郎の出会いというべきか、玉手箱を開けておじいさんになった浦島太郎と竹取の翁の出会い
というべきか。
ウラシマソウと孟宗竹

マムシグサ(蝮草)
花がマムシの頭に似ていて、茎(本当は茎ではない)のまだら模様が、マムシの胴に似ているところから名付けられました。
ウラシマソウと比べて仏炎苞が葉よりも上に伸びます。
カーソルを乗せてご覧ください。砧緑地公園で撮影。


カラスビシャク(烏柄杓)
他のサトイモ科の花に比べて全体に小さくて細い。
仏炎苞の部分を烏(カラス)が使う柄杓に見立てたところから名付けられました。
別名、半夏(ハンゲ)、狐の蝋燭、蛇の枕
カーソルを乗せてご覧ください。


まず街なかで見かけることはありませんが、どこかの庭園や植物園で見かけた時の参考にしてください。
とはいっても、今年はどれも花の時期が終わってしまって見ることはできませんのであしからず。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | .花歩記 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらではカラスビシャクは今からです。
去年綺麗に刈られたので、心配しましたが、やっと大きくなりました。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年05月18日 16:38
森のどんぐり屋さん

カラスビシャクはそちらではこれからですか!
身近に見られるのはいいですよね。
なんとかそのまま生き残ってほしいものですね。
Posted by ブドリ at 2013年05月19日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック