2013年05月07日

山野草・国営昭和記念公園

間が空きましたが国営昭和記念公園の花・植物写真に戻ります。といっても今回が最終回ですけでね。
今回はこもれびの丘の山野草の一部をご紹介します。
あの宮沢賢治の「うずのしゅげ」が育てられているところですよ。

チゴユリ(稚児百合)
かすかに緑がかった白い6弁花が咲いて、その並ぶ姿を稚児行列に見立てたことから名付けられました。
早春の花がだいたい終わった頃に咲きはじめます。林の木の下などに群生していて、茎の先に1個か2個の花をややうつむきかげんに咲いています。
花の後に黒い実を付け、種子で増えます。発芽から咲くまでには2年以上かかり、どんどん増えていくという野草ではありません。
カーソルを乗せてご覧ください。


フデリンドウ(筆竜胆)
花の閉じた状態が、筆の穂先に似ていることから名付けられました。
山野の日当りのよいところにはえ、茎は高さ5〜10cm、4〜5月茎頂に数個の花を開きます。
ほんとに小さいので撮るのに苦労しました。
スギナとフデリンドウ、スミレとフデリンドウをカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


ホウチャクソウ(宝鐸草)
草丈は30〜60cm。花期は5月から6月中旬。
筒状で細長い花の形を寺院の軒下の四隅に吊り下げられた装飾品である「宝鐸(ほうちゃく、ほうたく)」に見立てたもの。
別名「狐の提灯」
カーソルを乗せてご覧ください。


これが宝鐸。ウォーキングで立ち寄る円融寺で撮影しました。風鐸(ふうたく)ともいいます。
宝鐸

イカリソウ(碇草・錨草)
花の形が船の碇(いかり)に似ているところから名付けられました。
私にはそうは見えないんですけどね。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


他にもいろいろな花が咲いていましたが、撮影したのが4/14ですから今から見に行ってもおそらく咲いていないと思いますのでご注意ください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立派な風鐸ですね! これなら強い風の日には鳴りそうです。

狐がこんな提灯を下げて、行列してゆく様子が目に浮かびます。。。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年05月09日 09:26
森のどんぐり屋さん

風の強い日にこの風鐸は鳴ってますよ。ウォーキング中に鳴っているのに難解化出会いました。
低い音のように想像しますけど、意外と高めの音なんですよ。
Posted by ブドリ at 2013年05月09日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック