2013年04月28日

絵本「サカサかぞくのだんなしぶいぶしなんだ」宮西達也

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は月一企画の宮西達也の絵本を紹介します。
これまでシリーズで2冊お届けした回文絵本の第3弾です。

サカサかぞくのだんなしぶいぶしなんだ (ほるぷ創作絵本)

宮西 達也 ほるぷ出版 2011-05
売り上げランキング : 558798
by ヨメレバ

「サカサかぞくのだんなしぶいぶしなんだ」
宮西 達也 作・絵
ほるぷ出版

回分シリーズの第3弾は武士の家族。

武士の家にあやしい忍者があらわれた!
「ちち」がさらわれた!
「ちちいない・・・ちち・・・」
「はんにんは?」
「だれだ?」
「わたしがさがしたわ」
こんなふうに最初から最後まで、文字(「」が本文です)はすべて前から読んでも逆から読んでも同じ回文になっています。
小さなお子さんは上から読めても逆から読むのは結構大変で苦労するでしょう。
ちょっと意味がわかりにくい文章もありますけど、、読んでみるとなかなか面白いですよ。
ゴールデンウイークに旅行に行くならそのお供にして、時間があったら回文を考えっこなどしてはいかがでしょう。
ゲームするよりもずっといいと思いますよ。

ちなみに表紙や見返しの絵が裏返しになっているんですよ。これまたこってる!

第1弾「サカサかぞくのだんながなんだ
第2弾「サカサかぞくのだんなキスがスキなんだ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮西達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック