2013年04月26日

皇居東御苑の生き物たち

ソメイヨシノが咲いてからすでに一ヶ月半が経ち、その間ずっと桜を中心に花・植物写真をお届けしてきましたので、花から離れて皇居東御苑で撮影した野鳥写真を中心にお届けします。

キラキラと輝く東御苑の二の丸池。ここに素潜り名人がいました。
小さな水鳥のカイツブリです。2羽いるので、どうもつがいのようです。
カイツブリは一年中見られるので珍しい鳥ではありませんけど、仲睦まじい姿をカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


カルガモのつがい多分、カルガモのつがいです。
冬鳥として渡ってきていたカモたちは帰ってしまいましたが、このカモは一年中見られますね。


御苑内にたくさん咲いていたタンポポ。タンポポを眺めていたら、チョウを発見しました。
タンポポに止まっているチョウがわかりますか?モンシロチョウのようですが、モンシロチョウではないんですよ。チョウの部分をトリミングしたものをカーソルを乗せてご覧ください。


羽の先が黄色というかオレンジ色になっているのがわかりますか?この黄色くなっているのが特徴のツマキチョウ(褄黄蝶)のオスです。このチョウは春にしか見られません。皇居東御苑の生き物情報で姿が見られたとあったので気にしていたから見られましたが、この情報を知らなかったらモンシロチョウと思って撮影しなかったと思います。
タンポポの咲いているところから奥の方に飛んでいって止まったところを撮影しました。見にくいのでチョウの部分をトリミングしました。カーソルを乗せてご覧ください。


御苑内を飛んでいたツバメです。飛んでいるところを追いかけて追いかけて、連射して何とか撮影。
かなり遠いところを飛んでいたのでしっかりとツバメと分かるようにトリミングしてみました。
カーソルを乗せてご覧ください。


御苑内ではなく桔梗濠で撮影したハクチョウです。
ここは巽櫓付近は夕日がまっすぐ差し込んできて水面をキラキラと輝かせてくれます。
お濠を泳ぐハクチョウがこの輝きの中にいる時が最高の瞬間!
この写真だけで記事にしたいぐらいです。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


季節を感じさせるツマキチョウやツバメもいれば、一年中見られる鳥もいます。
それらを楽しめるのも皇居東御苑の素晴らしいところです。
ゴールデンウィークに是非足を運んでみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック