2013年04月17日

ハンカチノキの花ひらひら

今年は花が早く咲きすぎて大変です。
いつもだとゴールデンウイークに見頃を迎える花が次々と見頃を迎えていて、このままではゴールデンウィークに花の撮影ができないかもしれない、そんな状態です。
見頃が早くなったので慌てて撮影に行って、足を運べる方には足を運んで欲しいので桜もそこそこにお届けします。
それが新宿御苑のハンカチノキです。
私は例年だと4/29頃に撮影に行くのですが、今年は先週のうちに毎朝ウォーキングに行く林試の森のハンカチノキが咲き出したし、新宿御苑のハンカチノキも咲きだしたというので4/13(土)に撮影に行ってきました。2週間も早くですよ。今年で8年連続の登場になります。

ハンカチノキ
 オオギリ科 中国の中部から西部だけに自生する落葉性の高木。花びらに見える白い部分は苞(ほう)と呼ばれるもので、その中央にある球状の頭状花序とよばれる部分に、複数の小さな花が集まって咲いています。花は短い枝先から伸びる柄の先にぶら下がってついて、葉とほぼ同時に開きます。苞は広がる時は緑色で、広がると白色になります。ハナミズキの白い部分も同じですよ。
撮影に行った日はまだ少し早くて苞は緑色のものが多い状態でした。
カーソルを乗せてご覧ください。


新宿御苑には3本植裁されていて、一番見やすい木がよく花をつけ、苞がひらひらと風に揺れていました。
PENTAX Q+Fisheyeで全体を撮ってみましたが、ひらひらがわかりませんね(--;)
新宿御苑のハンカチノキ

中央にある球状の頭状花序、これは雄花と雌花の集合体なんですよ。どれが雄花でどれが雌花?ですよね。
ちょっと早めに撮影に行って、今までの謎が解けました。
この写真をご覧ください。
ぴょこんと出た一つの花!これがなんと雌花なんです。一つの花序に一つの雌花なんですよ!
この後に赤いぶつぶつとしたところが開いて雄花が咲きます。
つまり、自家受粉しないように雌花期と雄花期があるということなんです。
ハンカチノキの雌花

雄花が開いた状態は昨年の記事「ハンカチノキ、ヒラヒラと:新宿御苑」をご覧ください。
ホオノキにも雌花期と雄花期があるんですよ(ホオノキについては以前に「ホオノキ(朴の木)」にまとめています。実は草花にも分かれているものがあるんです。それは「雄花期・雌花期」にまとめてあります。

開花するには樹高3mほど(苗木から10年程度)に育つ必要があるので、花はずっと高いところに咲いてしまって撮りにくいんですよね。新宿御苑のものは枝が張って垂れてきているので見やすいところもあって、今回ようやく見つけたというわけです。

このハンカチノキは普通に見るのもいいのですが、薄いひらひらを日に透かしてみるのがいいんですよ。
この木は閉園時間近くになると木の間から漏れてくる日差しがいい具合に当たるんです。
新宿門近くにあるので、大抵は来た時に白さの映えるハナノキを撮って、帰り際に透けたハナノキを撮るというのがパターンです。今回ももちろんおんなじパターン。
ただ、撮りやすいところの花がまだ早くて、苞が広がっているのは高い位置で苦労しました。
日に透けるハンカチノキ 夕日にひらひら・ハンカチノキ

ハンカチノキの苞にアイた穴から夕日が差し込んでいました。こういうのを見つけるのが楽しいんですよ(^^)
夕日差し込むハンカチノキ

昭和記念公園のチューリップはすでに見頃で4/14(日)に急遽撮影に行ったし、早咲きの藤も咲き始めてもうまもなく見頃になりそうだし、足下の草花も次々にいつもより早く咲いちゃって写真を撮りたいのにどうしたらいいものか。そんなに慌てなくてもいいのに。
日本が効率化だ、スピード化だなんて、周りを見る余裕のない変な方向に進んでるから自然界までリズムが狂ってきてるんじゃないのかなぁ。
宮沢賢治はこの状態をどう感じてるだろうなぁ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 20:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | .花歩記 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タンポポのアートも素敵でしたが、今日のダイヤモンドハンカチも素晴らしい!
それに、朴の花の美しさにもため息がでました。
朴の花は、今年はどこでいつ見られそうですか?見てみたいで〜す。
Posted by felizmundo at 2013年04月18日 17:55
felizmundoさん

タンポポは楽しいですよ。
お孫さんに見せてあげたらビックリすると思います。
朴の花は、広めの公園とかならだいたい植えられているような気がします。
私が毎年見に行くのは新宿御苑の大きな朴の木です。皇居東御苑や小石川植物園にもあります。千葉県内にも植わっているところがあると思います。
Posted by ブドリ at 2013年04月18日 21:38
felizmundoさん

新宿御苑のホオノキはまもなく開花とのことです。
やっぱり今年は早いです。
Posted by ブドリ at 2013年04月19日 14:49
今日新宿で友人と昼食をとる約束があったので、ちょっと寒かったのですが行ってきました。まだ、咲きかけの白い蕾があるだけで、咲いているのは1つもありませんでした。緑のつぼみはたくさんありましたが・・・きっとまた暖かくなると一斉に咲くのかもしれませんね。
でも、ブドリさんの撮ったハンカチの木や、御衣黄も見れました。ブドリさんかと思うくらい、新宿御苑の植物に詳しい方に偶然出会い、いろいろな植物のことを教えてもらい、閉園時間までしっかり見て回りました。友人も大喜び、大満足な1日でした〜!ブドリさんのサイトを見てなかったら、きっと新宿御苑には寒かったし行かずにいたかも。植物は待ってくれないと思い、行った甲斐がありました。
Posted by felizmundo at 2013年04月19日 20:51
felizmundoさん

新宿御苑に行かれたのですね。
ホオノキは咲いていなかったようですね。寒の戻りが過ぎ去ったら次々に咲いていくのでしょうね。そうなったら私の出番です(^^)
ホオノキは早くても、ハンカチノキや御衣黄を楽しんでもらえてよかったです。
新宿御苑とかは知っていても、なにか気になることがあるか、端から行くつもりでないと足を運ばないところなので、ハンカチノキを早めに紹介してよかったです。
Posted by ブドリ at 2013年04月19日 22:43
今日、新宿御苑に行って来ました!緑の桜がみれました。偶然、ブドリさんみたいな人に出会って、いろいろな植物を案内してもらえて、とても楽しい散歩になりました。朴の木の花は、来週末位が満開ころでしょうか、まだ早かったで〜す。
Posted by felizmundo at 2013年04月19日 23:36
felizmundoさん

寒い中ご苦労様でした。
行きなれないところに行くとなにもが新しいので新鮮な目で見られていいですよね。またおじゃましてください。
Posted by ブドリ at 2013年04月20日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック