2013年04月09日

綺麗な環天頂アーク!

サクラはお休みしてお見せしたいものが飛び込んできましたのでそれをお見せします。

私が早朝ウォーキングを行なっているのはご存知ですよね。
5時半に家をでるのですが、年初は真っ暗だったのに、日の出が早くなって今や日の出後の明るい空でのスタートになりました。
そんな今日、ちょっと雲が広がっていたので、
「ウォーキング中に太陽がようやく見える位置だとこんな薄く雲が広がっている日には暈とか幻日が見えるんだよなぁ。これから楽しみだ。」
なんて思ってウォーキング中に写真を撮りました。
その写真がこれ。撮影した時には気が付かなかったのですが、なんと太陽の右側に幻日が写っていました。
撮影する時に気が付かないとこれだけ見えても目に入らないものなんですね。
幻日が見えていた!

プラタナスの向こうの幻日しばらくウォーキングしてようやく空に見えていることに気がついて、急いで林試の森の開けた広場に行ったのですが、見事にプラタナスの木の向こう側。よく見ると太陽の両側に幻日が見えていたのですが、うまく写らない。


林試の森内からは写せないとわかったので大急ぎで公園の出口付近のちょっと高くなったところへ。
ぎりぎり屋根の上に太陽の両側に幻日が見えました。よく見ると太陽の上側にも虹色!
タンジェントアークのような気がします。カーソルを乗せてご覧ください。


もっときれいに幻日が見えるところはないかとウォーキングを続けても、高度の低い幻日は建物に遮られて見えません。これが都会の現実。残念だなぁと思いながら、家の近くまで来てそれでも諦めきれず、空を見上げるとなんと、天頂付近に薄い虹色発見!
おーーーーーーー、環天頂アークだーーーーーー!
薄い環天頂アーク

こんなのをみつけてしまったらもうウォーキングどころではなく、こりゃなんとしても幻日と撮りたい!
その一心で武蔵小山駅前のロータリーにすべてを掛けて超特急!
すると薄かった環天頂アークがハッキリクッキリ!
思わず街灯に乗っけて撮ってしまいました。
街灯の先の環天頂アーク

見ているうちにどんどん色が濃くなってきて今まで見たことないほどの綺麗さでした。もうびっくり!
綺麗な環天頂アーク!

幻日と環天頂アークが一緒に収まりそうな場所をちょっとずつ移動しながら探すと、駅前のロータリーから外れた道路上で発見!見事に収まってくれた!
よく見ると幻日から弧を描くようにうっすらと弧が伸びて暈も広がっているようないないようななんですよ。
クリックすると一回り大きな写真が見られます。
環天頂アークと幻日

私が空に向かってカメラを向けていると駅から出てきた人は携帯やスマホを向けて撮影してました。駅に向かう人は乗る電車が決まってるからそれどころじゃないですよね。
環天頂アークはあっという間に消えることが多いのですが、見え始めてから私が立ち去るまで少なくとも約30分間は見えていました。
どうもかなり広い範囲で見えたようでツイッターやウェザーニュースの投稿に見られます。
こんなに綺麗な環天頂アークは年にそう多くは見られません。見た人は得しましたよ!

それにしても、ウォーキング中に暈や幻日が見えるようになるなと思ったその日にこんなにもいろいろなものが見られるなんて驚きです。神様も味なことをしてくれますよね。
あ!今日は姉の命日だった!そうか、そういうことだったんだ!
今、気がつくなんて(--;)

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | .天体観測 虹色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなの見たことどころか、聞いたこともありませんでした。アーク、幻日???アークは、虹の船のようですね。
きっと、お姉さまのプレゼントですね。

私はというと、日曜日の5時前ころ、千葉で電車にのっていたら、ドア際に立っていた人が「虹だ!」という声で東京の方をみたら、太い虹が見られました。
Posted by felizmundo at 2013年04月09日 22:44
景気よく天体ショーでしたね!!

私は長いことこいうのは見ていせん、外にいるときに一度に見えないと、どうにもならないですものね。
うらやましい〜
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年04月10日 15:07
felizmundoさん

知らなければ頭の上とか太陽の周りなんて気にしませんよね。私も知らなかったのですが、ブログを始めてから知り合った、コメントをくださっている森のどんぐり屋さんのブログで知ってから、気にするようになったんです。
それが意外に楽しいんです。
薄く雲が広がったら太陽の周りばかり気にして歩いてますよ。

日曜日の夕方に虹ですか!
皇居東御苑にいたのですが、4時頃にパラっと降ったのでその雨がどこかで虹を作ったのでしょう。
東京でも見えたんでしょうかね。残念なことに
その頃は地下鉄の中でした。
Posted by ブドリ at 2013年04月10日 22:00
森のどんぐり屋さん

これは外にいたからといって見えるものじゃないですからね。私もまさか朝からこんなに豪華に見えるとは思いませんでした。
朝から興奮しちゃいました!
Posted by ブドリ at 2013年04月10日 22:20
ネットでも見つけられると思いますが、吉野弘という私の大好きな詩人の「虹の足」という詩をご存知ですか?「・・・おーい、君の家が虹の中にあるぞォ  乗客たちは頬(ほほ)を火照(ほて)らせ  野面(のづら)に立った虹の足に見とれた。
多分、あれはバスの中の僕らには見えて  村の人々には見えないのだ・・・」まるで、詩のような状況だったのですね〜
Posted by felizmundo at 2013年04月10日 22:22
そう言えば、私が以前に見た豪華なテンタイショーも朝でした。
太陽高度の関係ですから、朝
か夕方に多いのかも。

今は南の空が狭くなっているので、もう2度と見ることはないと思います、、、
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年04月11日 13:33
felizmundoさん

「虹の足」を読んでみました。
多分そうですよ。この詩のような状況だったのでしょうね。
知らないうちに幸せのおすそわけって考えると楽しいですね。


森のどんぐり屋さん

太陽の高度が低い朝や夕方のほうが環天頂アークや幻日は見えるようですね。
南の空が狭くなってしまったんですか!それは残念!でも、朝か夕方なら東か西ですからまだ見られる可能性はありますよ。
Posted by ブドリ at 2013年04月11日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック