2013年04月07日

絵本・児童書「夜空を直接手ではかる!かならず見つかる星座の本 春の星座を手でさがそう」

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、春にちなんでサクラの本出はなくて、花と同じように季節によって移り変わる宇宙を眺める本をご紹介します。

夜空を直接手ではかる!かならず見つかる星座の本 春の星座を手でさがそう

藤井 旭 偕成社 2006-04
売り上げランキング : 978325
by ヨメレバ

「夜空を直接手ではかる!かならず見つかる星座の本 春の星座を手でさがそう」
藤井 旭 著
偕成社

4月になると冬の夜、南の空高く見えていた星座は西の空へと写り夜中には沈んでいくようになり、空高くには春の星座が主役になります。
春の星座ウォッチングでのいちばんの目じるしは、北斗七星の柄のカーブをそのまま南にのばして、うしかい座の1等星アルクトゥルスからおとめ座の1等星スピカへと、夜空いっぱいに大きくカーブする「春の大曲線」。
この本は自分の手を使って星座を探すための絵本です。
春の大曲線を自分の手で測って星を見つける!
順を追っていけば自分の手で春の夜空にかがやく星座たちのすがたを、つぎつぎ見つけだせるはずです。
星を探すのは難しいって思いがちですけど、自分の手を使って見つけるってなんかすごいことだと思いませんか!
それを覚えれば一生ものです。
お子さんにこの本を読ませないでお父さんお母さんが読んで、お子さんに教えてあげたら間違いなく尊敬されちゃいますよ!
さらに紹介されている星座神話や伝説にも耳をかたむけて、思いきり春の星空を楽しみましょう!

今月は国際宇宙ステーションが夜の7時から8時ごろに見えたりしますので調べて楽しんでくださいね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 や・ら・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック