2013年03月15日

サクラに色づく皇居東御苑2

ソメイヨシノが咲き始めましたが、皇居東御苑の早咲きの桜の2回目をお届けします。

皇居東御苑の桜の島にあるカワヅザクラ(河津桜)です。
カンヒザクラとオオシマザクラの交雑種と考えられている栽培品種
1950年ごろに伊豆半島で発見された若木が河津町の民家に移植されたことから、「河津桜」と呼ばれるようになりました。 カワヅザクラの原木は、河津町の飯田氏宅の庭にあります。
御苑のカワヅザクラもけっこう大きくなったものです。
カワヅザクラ

日差しを受けて透けて輝く桜の花がいいですよね。
日に透けるカワヅザクラ 日に輝くカワヅザクラ

リュウキュウカンヒザクラ(琉球寒緋桜)
「琉球寒緋桜」は、寒緋桜よりも花の開きが大きく、沖縄で多く栽培され、新年に欠かせない花として、家の中に飾られます。
数年前に植えられたものでまだ小さな若木です。
琉球寒緋桜

見頃間近でしたが見栄えの点で、見頃のツバキカンザクラに人気を奪われて見向きしてもらえずかわいそうな状態でした。
私は静かに撮れる桜の木のほうが好きですよ。
リュウキュウカンヒザクラ 日差しを浴びる琉球寒緋桜



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック