2013年03月14日

サクラに色づく皇居東御苑1

まだまだ梅の花が咲いていますが、いよいよ主役は桜の花へとバトンタッチがされていますね。
晩冬から早春に咲くカンザクラの仲間たちが次々に咲き始めたそんな矢先、福岡では3/13にソメイヨシノの開花宣言が出され、本格的に桜のリレーがスタートしましたね。

今回と次回は皇居東御苑のカンザクラの仲間をお届けします。

ツバキカンザクラ本丸芝生広場の近くには、ピンクに色付くひときわ大きな木が目を引きます。
それが皇居東御苑で一番人気のツバキカンザクラです。
人の大きさと比べるとその大きさがよく分かると思います。


ツバキカンザクラ(椿寒桜)
シナミザクラとカンヒザクラとの交配種と考えられています。
ツバキ(椿)の名は、松山市の伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)神社(椿宮)に原木とされる木があることに由来しています。

青空に手を広げるようなツバキカンザクラです。カーソルを乗せてご覧ください。


花はうつむき加減にまとまって咲くのが特徴です。
俯き加減のツバキカンザクラ

ツバキカンザクラの親となったのが次の2つの桜と言われています。

カンヒザクラ(寒緋桜)
カンヒザクラ2〜3月に花を咲かせます。花は色が濃く、釣りがね型で下向きに咲きます。

まだちょっと寂しげでしたけど、濃いピンク色が目立っていました。


いつもなら2月中には満開なのですが半月ほど遅れて色の濃い花が見頃を迎えています。
カーソルを乗せてご覧ください。


シナミザクラシナミザクラ(支那実桜)
原産地は中国。中国名を「桜桃」といい、実は食用にされます。別名:唐実桜(カラミザクラ)

皇居東御苑のシナミザクラは数年前に植えられたばかりでまだこじんまりとしています。


花は遠目には白に見えますが、薄紅色というよりももっと薄い紅色です。
咲き方がツバキカンザクラに似ています、ではなくてツバキカンザクラが似てるんでした。
カーソルを乗せてご覧ください。


「遅ればせ はにかむ笑顔の 寒桜」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック