2013年03月13日

顔を出した春の便り:つくしんぼう

寒い寒いといっていた冬もようやく終わり、カンザクラ類があちこちで咲くなど桜の便りがあちこちで聞こえ始めましたね。
サクラだけでなく、モクレン・ボケなどの花も次々に咲いて春の便りを届けてくれています。
目は上だけに行きがちですが、足元からも春の便りが届いているんですよ。
それが「つくしんぼう」
誰ですか?「おいしんぼう」だなんて花より団子みたいなことを言っているのは!

毎年、春の便りを受け取りに行く皇居東御苑に行って今年もしっかりと受け取って来ました。
もう、しっかりと顔を見せてくれていました。
カーソルを乗せてご覧ください。


しっかりと顔を出したつくしのそばには、おっかなびっくり顔を出して「ほんとうに春?」と辺りをうかがっているつくしんぼうや、まだコートを脱げずにいるつくしんぼうもいましたよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


私が撮影していたら、御苑を見回っている守衛さんが
「七草の方はもっと太くてしっかりしたのがたくさん出るんだよ。今年はまだみたいだったけどね」
と教えくれました。
「出てるかどうか確認に行ってみます」と向かいました。

オオイヌノフグリさて、どこに出てるかなぁと探していて見つけちゃいました。オオイヌノフグリ!
ツクシじゃないの?って言われちゃいそうですけどね。


それはさておき、探していると先ほどの守衛さんが回ってこられて「まだ出てないみたいだね」なんて言いながら自転車をほんの少し止めて探すと、あっという間に顔を出し始めたばかりのツクシを見つけてくれました。「まだまだ小さいけど、これからどんどん出てくるから、いい時に見られるといいね」と去っていかれました。
みつけていただいたツクシです。わかりやすくと思って葉っぱの前に来るような角度から撮って見たんですけどわかりますか?ここは柵はないけど立入禁止の場所なので離れて撮るしかありません。
みつけてもらった土筆

こうしてみつけてしまうと不思議なもので、近くにすぐ見つけられるんですよね。
肉眼ではよくわかったのですが、写真にするとわかりにくくなってしまいますね。わかりますか?
土筆がわかりますか?

今回もまたPENTAX Q+03 FISH-EYEで楽しんでみました。
ちょっとだけ頭を出してあたりをうかがうツクシが、ぐんと伸びて周りを見渡してる感じです。
青い空に見とれてるのかもしれませんね。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


「つくしんぼう 空の青さに 立ち尽くし」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック