2013年02月24日

絵本「カエサルくんとカレンダー」

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は1年のうちで一番短い2月にちなんだカレンダーのお話です。

カエサルくんとカレンダー (福音館の科学シリーズ)

いけがみ しゅんいち 福音館書店 2012-01-18
売り上げランキング : 76488
by ヨメレバ

「カエサルくんとカレンダー 2月はどうしてみじかいの?」
いけがみ しゅんいち 文
せきぐち よしみ 絵
福音館書店

ゆうかちゃんの誕生日は2月。
みんなの誕生日の月を見ているうちに2月が一番短いことに気がつきました。
なんでだろうと思っていると、
「どうして2月がみじかくなったのか、そもそもカレンダーが、どうやってできたのか。わしが教えてやろう」
そう言ってゆうかちゃんのカレンダーの中から小さなおじさんが現れました。
それは、かの偉大なるローマの将軍カエサルでした。
カエサルが案内役となってカレンダーを解き明かしていきます。

「地球の自転」「天動説・地動説」「うるう年」「月と太陰暦」
カレンダーがいつ頃出来たのか、どのような理由でできたのか?
1年の日数、1ヵ月の日数がどうやって決まったのか?
2月がどうして、短いのか。
30日と31日の月があるのは、どうしてか。
7月と8月だけ31日が並ぶのはどうしてか?
なんで7月はJuly、8月はAugustというか。
10月=October(オクト=8)やDecemnber(デシ=10)なのになんで2か月ズレているか。
ローマ時代の皇帝のわがままや、エジプトの女王との恋など、カレンダーに隠されたさまざまなドラマ。

きっと大人だって知らなかったことばかりなのではないでしょうか。
お子さんに聞かれて答えられますか?
カレンダーにまつわるたくさんの秘密が、とてもわかりやすいお話と、雰囲気がありながら可愛らしい絵で、楽しみながら、味わいながら、知ることができる絵本です!
明日からカレンダーを見る目がきっと変わります。

お子さんから大人までたっぷりと楽しめる絵本です。
これであなたもカレンダー博士!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポルトガル語で、7はsete 8はoito 9はnove 10はdez なので、これが他のラテン系の言葉でもそうかはわかりませんが、少なくともポルトガル語の人は、なんで9月のsetembro にsete 7がはいっているのだろう?と2か月ずれている呼び名の不思議を自然に語感から感じると思います。

日本人は知らないまま見過ごす人が多いかもしれませんが、私は上記の理由で不思議に思って大人の暦の本で調べました〜。子どもにも良い本があるのですね。
Posted by felizmundo at 2013年02月25日 20:17
felizmundoさん

実は、2ヶ月遅れになってるってこの絵本を見るまで気づかなかった一人です!
私にとっても再発見!
子供が知ったら面白いだろうなぁと思って読んでました。
Posted by ブドリ at 2013年02月27日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック