2013年02月23日

ウメジロ:小石川後楽園

今日のタイトルを見て、ウメジロ?でしたでしょうか?
ウメジローではなくてウメジロです。
これは 梅+メジロ→ウメ・メジロ→ウメジロ
つまり、梅の花にやってきたメジロということです。
こんな写真です。
梅にメジロ

白梅にメジロでもウメジロ、紅梅でもウメジロです。
カーソルを乗せてご覧ください。


梅に止まっている緑色の鳥だからウグイスだという声が周りでよく聞かれます。
でも、ウグイスはどちらかというと茶色で地味な鳥です。鳴いてくれないとなかなか見つけられませんね。
緑色で目の周りが白い鳥は目白(メジロ)ですからお間違えなく。
本当の「ウグイス色」というのは鶯の体のような茶褐色のような緑色で、メジロの色とは違います。
メジロは梅の蜜が大好物。ウグイスは虫や木の実などを好んで蜜は吸いません。
メジロは警戒心が薄く人の近くに現れますが、鶯は警戒心が強く、なかなか姿を見せてくれません。
ですから、梅に鶯は梅にメジロの間違いだったのではないですかね。
目の周りが白いのでメジロです

花にくちばしを突っ込んで一生懸命に蜜を吸ってますよ。
梅の花の蜜を吸うメジロ

右よーし、左よーし、蜜よーし!
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。
メジロは梅の花を渡り歩いて受粉の手助けもしてるんですよ。


2羽で鳴き交わしながら花から花へと飛び回る様子をよく見かけますが、これは繁殖期の番の行動なんですよ。
2羽いるのがわかりますか?
つがいのメジロ

「鳥遊び 花控えめな 梅見時」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小石川後楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック