2013年02月12日

悠真と国際宇宙ステーション(ISS)

悠真と次のお楽しみというのは国際宇宙ステーション(ISS)を見ることでした。
9日は17時過ぎと19時過ぎの2回も見られる可能性がある日。またとない機会でした。

ところが、この日は晴れてはいるものの雲が多くてスッキリしない空。
夕方になっても雲が漂ってスッキリ晴れず。
17時過ぎの国際宇宙ステーション(ISS)は17:25に南から南東を通って東北東へ抜けていくのですが、見えるのは南東上空から。
カメラに興味津々の悠真ISSを撮ろうとカメラを三脚に準備して待っていました。
そろそろやってくる時間と、三脚にセットした、PENTAX Q+PENTAX-02 STANDARD ZOOMでインターバル撮影開始。
三脚に据え付けられ、続けてシャッターが切れるところを見るのが初めての悠真は興味津々!


ISSを見る+私と見る+カメラが面白いことしてる、などなどで大興奮。
ISSよりもカメラに夢中!
カメラの液晶を見ながら手をこっちから、あっちから、ついには顔が出た〜!
ISSが雲で見えなかったから許すけどコイツ〜わーい(嬉しい顔)
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


これで何度目のお流れ?ISSはまたしても見られないのか・・・
19時に見えてくるISSに願いを託しました。

19:01に西から現れて北北西を通って北北東へ。悠真の家から見えるのは西から北北西とかなり広く楽しめそう。しかも西側の空は東の空に比べて雲が少なくなっていて見える期待大!
そして19時を過ぎると、西の空に小さな点が動いてくるのが見えました。
まさにISS!ついに悠真とISS見物!
連続撮影した75枚の写真を比較明合成しました。
左下から右上に見かって伸びている破線がISSです。撮影中は全然気づきませんでしたが、左上から下へと飛行機の航跡までも撮れていました。左上から右下の線は電話線だと思います。風で揺れて合成したらこんなに太くなっちゃいました。
国際宇宙ステーション(ISS)

悠真と国際宇宙ステーション(ISS)を見ているところです。
この時、ISS撮影用のカメラは窓の外の屋根部分に、悠真が触れないように置いちゃいました。
左耳付近にちらっと見えているのがカメラです。
おとなしく見ているようですけど、部屋の中を走り回ってはしゃぎながら見てたんですよ。
悠真と国際宇宙ステーション(ISS)

子供らしい話を一つ。
17時と19時の間に、車で夕飯を食べに行ったんです。その帰り、サンルーフを開けてもらって空を見ると真上に木星が見えていました。車がどんなに走っても交差点を曲がっても見えている木星に向かって、
「星が車の後をついてくる。早く動いてるね。どこまでついてくるかなぁ。」
なんて言うんですよ。
「どうしてついてくるんだろうね。不思議だねぇ。」なんて言いながら眺めていました。
私を駅まで送ってくれる車の中でも見えて、二人で不思議がってました。
こういう不思議を考えさせる教育が必要ですよね。

私が「もう帰るよ」と言うと、ゆうママにくっついていつものように涙を流してる悠真。
帰りの車の中でも駅が近づいてくると声が小さくなって、涙をこらえてるんですよ。
こんなに私と遊んでいたいと思ってくれるなんて嬉しいですよ。悠真が涙をこらえている姿を見ると私も泣けてきちゃいます。
でも、「このまま一緒におじちゃんちに行こう」と言うとそれは嫌だって言うんですよ。
お母さんからまだまだ離れられない甘えん坊ですけど、可愛いですよ。

金曜日に4個入りのクロワッサンを買って食べて、残った一個は「おじちゃんが好きって言ってたから明日あげるからとっとかなきゃだめ」、音符のついたひとくちチョコを食べれば「前におじちゃんにもらったからあげる」ととっておいてくれるんですよ。私もしっかり悠真の家族に一員に加わってます(^^)

帰りに、「天体望遠鏡で星を見忘れた!」と気がつきました。
次は天体望遠鏡で天体観測!
まだまだ夢は膨らみます。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | .悠真日記 5歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック