2013年02月09日

しめしめ、シメの初撮り

さて、前回の梅の記事の最後でようやく撮影出来ましたと書いたのはシメという鳥でした。

シメって?

シメ(鴲、学名:Coccothraustes coccothraustes)スズメ目アトリ科
春夏に北海道の林で繁殖、秋冬は本州以南の林の周辺に移動、くちばしは冬は白っぽく、夏は黒っぽい。
平地から山地の落葉広葉樹林や雑木林に生息。また市街地の公園、人家の庭でも見ることができます。

そう見られない鳥ではなく、実際に何度か見かけてはいたのですが、カメラで撮ろうと思うと間に合わずにこの鳥を撮り逃していたんです。
それが、皇居東御苑で探梅中にゆっくりと歩き回っていたところを発見しようやく撮影できたというわけなんです。

これがシメです。
え?どこにいるって?真ん中辺ですよ。わかりませんか?それではカーソルを乗せてご覧ください。


これ以降は遠すぎてよくわからないのでトリミングしています。ただ、かなり手振れしていますのでご容赦を。

全体に茶色いので地面に降りられるとよく見ないと見分けがつきません。
うまい色合いをしているものです。
シメ

カメラで追いかけていたら梅の木の影に入りそうになってちょっと慌ててしまいました。
驚かさないようゆっくりと移動しないといけませんよ。
気ままなシメ

こちらを向いてはくれませんでしたが、石の上に乗っかって全身をはっきりと見せてくれました。
しめしめ(^^;)
石の上にシメ

この後は、梅林の後ろの石垣の方へとどんどん登っていっちゃいました。どんどん遠くなる〜(--;)
遠ざかるシメ

この後は、上の方の茂みに入って、どこかに飛んでいってしまいました。
もうちょっと近くに来て欲しかったけど、野鳥との距離はこれぐらいがいい距離。
もっとよく撮りたいから餌をあげて近づけるなんてことはしちゃいけませんよ。

シメも見た目になかなかおもしろい鳥でしたね。
この冬はかなり意識して鳥を追いかけているので野鳥をよく見かけます。というよりも野鳥に気がつきます。アンテナの感度が鋭くなっているようです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック