2013年01月16日

残念な天体観測

1/13(日)、今年はじめて悠真の家に行って遊んできました。

この日の一番の目的は、サンタさんにもらった天体望遠鏡で一緒に天体観測!でした。
悠真も楽しみに待っていてくれて、私が来る日をカウントダウンして待っていてくれるんです。

サンタさんにもらった天体望遠鏡がこれ!
サンタさんにもらった天体望遠鏡

星を見るのは夜。それまではお預け!
日中はよく晴れていい天気だったので公園へ。
自転車を乗り回す悠真を追い掛けて、ラジコンカーで遊んで、滑り台を滑って、ブランコしてと普段使わない筋肉をたくさん使わせてくれました。
カーソルを乗せてご覧ください。


遊んでいるうちに雲が広がってきて青かった空がいつの間にか白くなっていました。
天気予報も晴のち曇。こんな時には天気予報があたらなくていいのにーと恨み節。
日が暮れても雲は取れず。晴のち曇だから当たり前なのですが、ときどき空を見て星が見えないか探していました。
公園で見るつもりだったのですが、公園に持って行っても期待薄なので家の中で見られたら見ようと準備してました。

星が見えないのに覗いて空が見えたと喜ぶ悠真。真っ暗なのに空がわかったか?
曇り空なのに

あっちの窓から見てこっちの窓から見て。どっちの空見ても雲だらけなんですけどね。
今は、天体望遠鏡が嬉しくて覗ければ楽しい時期なんですね。近所のお見せの看板を見て喜んだりしてました。
曇り空を楽しむ

ダメということはちゃんと守る悠真は「太陽に向けちゃいけない」と教えられて、天体望遠鏡を太陽の方に向けちゃいけないんだよ、と私にも教えてくれるので、よその家の窓は覗いちゃいけないと教えられて、それはしませんのでご安心を。

今回は残念ながら天体望遠鏡は活躍せず、悠真との天体観測もお流れになっちゃいました。
12月15日・31日にISSを一緒に見ようと思ったのに曇って見られず。
1月1日は所沢と東京で別々だけどISSを見ようと思ってたのに私が忘れるポカ!
この日は17時頃には月と火星が近くにあるのを肉眼で見て、天体望遠鏡でも見ようと思っていたのに雲のためにちっとも見えず。
私の行いが悪いのか・・・悠真との天体観測はどうもうまくいきません。とても残念です。
一緒にお月見や天体観測できる日は来るのか!
次に行く時のお楽しみになりました。
とにかく3月のパンスターズ彗星は必ず一緒に見たい!天体望遠鏡で一緒に見たい!
土曜か日曜に見られなければ、晴れた日の夕方に無理やり行っちゃうぞ!

私が帰るというと、私の顔を見てくれない悠真。顔をお母さんに押し付けて涙をこらえてるんですよ。送ってくれる車の中でも駅が近づくと顔が私とは反対側を向いてだんだん声が小さくなって寂しそうにしてるんですよ。
いつ来る?なんて言われたらすぐ来ると言いたくなっちゃいますよね。
こんな悠真ですから、ぜひとも一緒に天体望遠鏡を覗いて星を見たいんですよ。
お天道さま、次回はスッキリと晴れて星が見られますようにお願いします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | .悠真日記 5歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック