2013年01月12日

二階建ての霜柱

2回続けて、植物のシモバシラの茎にできる氷柱をお届けしましたが、今回は土の中の霜柱をお届けします。
でも、普通の霜柱では面白く無いので、ちょっと探して撮りたかった霜柱を見つけましたのでお届けします。
それが今回のタイトルの「二階建ての霜柱」です。
え?二階建て?でしょ。
霜柱よく見かける霜柱はこれですよね。
土からグッとみんなで力を合わせて地面を持ち上げている感じ。


でも、今回お見せするのはちょと違いますよ。下の写真を見てわかりますか?
霜柱の途中に境目があるのがわかりますか?
カーソルを乗せてご覧ください。


この霜柱も植物のシモバシラと同じように毛細管現象でできるんですよ。
地上の気温が0℃以下になると、地表面の水分が氷ります。地中の水分が毛細管現象により、次々と地表面に引き寄せられ、引き寄せられた水が氷って、表面の氷を押し上げます。これが繰り返されて霜柱が作られます。場合によっては10cmを超える場合もあります。
陽が当たる場所だと日中に熔けてしまいますが、標高の高いところや日中も5℃以下であったり、日当たりが悪い場所等では、霜柱が融けずに残り、さらに、その下に霜柱が新たに発生して、霜柱が2段、3段重ねになることがあるんです。
皇居東御苑の日当たりの良くないところでは2段、つまり2階建てになっていたんですよ。
下の部分の霜柱が細くて今にも倒れそうです。カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


ちょっと面白い2階建ての霜柱も発見!
上よりも下の方が長い霜柱です。
2階建ての霜柱

ここから一部の霜柱をちょっと取り出してみました。
ちょっとキノコみたいじゃないですか?名付けてキノコ型霜柱。そのままじゃないか!
キノコ型霜柱

こちらの霜柱の方が見つけやすいと思います。
寒い日が続いたら公園の日当たりの悪いところなどを探せば、ひょっとしたら2段、3段の霜柱が見つかるかもしれませんよ。こちらは早起きしなくても午前中なら見られるのではないかと思います。

「肩寄せて 土をかつぎし 霜柱」

「霜柱 都会に自慢の 2階建て」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
【.四季の景色 雪・氷・霜・霜柱の最新記事】
この記事へのコメント
2階建て、歯ブラシみたいにも見えますね(笑)。ところで、今日私はプラネタリウムで星三昧してきたのですが、「彗星」が凄いらしいですね。3月と11月、金環日食より面白いかも〜と言われました。
Posted by felizmundo at 2013年01月12日 22:37
面白いですネエ〜〜こんなのはじめてみました。

クール宅急便で送っていただきたいくらいです!!
こちらでは、一段のものでも、めったに見られないので、すごくうらやましいです。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年01月14日 17:24
felizmundoさん

歯ブラシですか(^^)
今年は彗星が2つ接近してかなりの大きさに見えるのではないかと言われています。
それぞれ1ヶ月ぐらい楽しめそうとのことなので何度も見られそうですよね。


森のどんぐり屋さん

関東ローム層はできやすいとも言われています。
でも、公園や東御苑はローム層ではなく土を入れられてますから別ですよね。
東御苑は土の栄養も豊富でふかふかですからシモバシラはできやすいようで、しかもいい具合に日陰があるのでさむい日が続くと2階建ては期待出来ます。
これは実物を見て貰いたいです。
多くの子どもたちにも見て貰いたいものですよ。
Posted by ブドリ at 2013年01月15日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック