2012年12月07日

新宿御苑の紅葉

東北地方を中心に震度5弱の地震が起き、広い範囲で揺れが観測され、津波警報まで発令されました。
東京の揺れは一度大きくなって弱くなりだしたなぁと思ったらまたちょっと揺れてと、昨年の東日本大震災を思わせるような揺れでした。未だ地震の不安は拭い去れるものではないぞと地球からのメッセージのようでした。選挙を前に政治も経済も何を大事にするべきかよく考えろよ、との警告なのではないか、そう思わずにはいられません。また大震災が起きないことを祈ります。

あちこちで紅葉が見頃を迎えていますね。
東京も見頃を迎え、12/1(土)は新宿御苑に行って来ました。
今回は紅葉を中心にお届けします。

次第に晴れてくるという予報だったので午前中から出かけ、ちょうどいい時に紅葉を撮りたいと思って出かけ、11時半頃に着き、腹ごしらえしてからまわるか!と食事をし、さぁスタート!と思ったら雨が降りだしたじゃないですか。ポツポツ程度だったのでカメラが濡れないようにしながら撮影開始。でも途中でザーッと降ってくるアクシデント。雨宿りをしながらの撮影になっちゃいました。

ラクウショウの紅葉まずは母と子の森のラクウショウの紅葉!
木全体が真っ赤になっていい感じ。
赤というよりも濃いオレンジ色の感じがいいんですよね。
雨ではなく日が当たればもっときれいなんですけどね。


しっとりしたいい雰囲気。実は雨にぬれてます。
雨が降っているのがわかりますか?カーソルを乗せてご覧ください。


このラクウショウの木のすぐそばのイロハカエデが私は好きなんです。
とても色鮮やかなのに見に来る人は少なくて静かに撮れるんですよ。
イロハカエデの紅葉

午後になるといい具合に日が差して葉を透かして見るには最高なんです。
日が差しているんですけど、雨は降り続いています。困ったもんです。
カーソルを乗せてご覧ください。


近くの水路にかかる橋にはカエデノハが落ち、秋が通った足あとが残されていました。
カーソルを乗せてご覧ください。


15時過ぎにここに戻ってきた時は晴れて見事に日が差して燃えるような赤に染まっていました。これがたまらないんです!
燃えるようなイロハカエデ

日が差すとカエデもラクウショウも活き活きとしていますよね。
鮮やかなカエデとラクウショウ

温室近くにあるタムケヤマモミジ(カエデの園芸品種)。
一つ一つの葉にはとても細長く切れ込みが入り独特な形で、枝垂れたカエデです。
この姿はいつ見てもポンキッキのムックに見えてしまいます。
カーソルを乗せてご覧ください。


後ろから見ると枝ぶりがいいんですよ。なかなか人がどいてくれないのでタイミングを見計らって撮影。
遠くに見えるドコモタワーとの組み合わせもなかなかですよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


苑内にはまだまだ見頃の紅葉がありますが、紅葉はこれだけ。
次回はイチョウの黄葉をお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 19:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | .新宿御苑 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯の地震警報に身構えていたら、本当に大きな地震で驚きました。駐車場の車もゆさゆさしてました。去年携帯に地震速報が入るようにしてから9件目の警報でした。
Posted by felizmundo at 2012年12月08日 11:09
felizmundoさん

緊急地震速報は千葉や埼玉では送られたようですが、東京では送られて来ませんでした。
送られてこないのにこの揺れ?まさかまたまたあの時と同じ?と思いましたよ。
大きな地震が来ないことを祈ります。
Posted by ブドリ at 2012年12月08日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック