2012年12月02日

絵本「コブタくんもうなかないで」宮西達也

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月一登場の宮西達也の絵本をご紹介します。


「コブタくんもうなかないで」
かとう ようこ 作
みやにし たつや 絵
金の星社

泣き虫のコブタくんがいました。
ケンカして、おこられて、ころんで泣いていました。

あるひコブタくんが、木のそばで泣いていると、
ぽつり ぽつりと雨が?
それは、コブタくんをかわいそうに思った木の涙でした。
「うわ〜ん、うわ〜ん」
「みているだけで なにも してあげられないんだ」
と、木が泣いてくれていたんです。

コブタくんは
「ぼくはだいじょうぶだよ」
と、泣き止んで木が泣かないように慰めました。

また別の日、泣きたい気持ちで木のそばに来ると
木はコブタくんの気持ちを察してコブタくんよりも先に
「うわ〜ん、うわ〜ん」
と泣いて、コブタくんは木をなだめることに一生懸命で泣いていられません。
また別の日も、コブタくんより木が先に泣いて・・・

ふゆのはじめのある日、たくさんおしゃべりしたコブタくんは
疲れて木の根元で眠ってしまいました。
日が暮れて 雪が降り出しました。
木はすべての葉を散らしてコブタくんにかけてあげました。
翌朝コブタくんが目を覚ますと・・・
葉を失った木は・・・
コブタくんは・・・

結末はちょっと寂しいところもありますけど、いつも見守ってくれる存在がいるということは
子供だけではなくて大人にとってもありがたいことではないですか。
何か言ってくれても、何も言ってくれなくても、そういう存在がいるということはホッとしますよね。
お子さんに読んであげて、見守ってくれてる人はどんなひとかなんて話し合ってみてはいかがですか?

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮西達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック