2012年11月24日

夕空を舞う ウ・サギ・カモ

田園調布のイチョウ並木を撮影したあと、宝来公園・多摩川台公園をウォーキングして、多摩川浅間神社に行きました。
もうご存知のように、ここは私のお気に入りの富士山スポット!
ところがこの秋は、ここにくると頭の上は晴れているのに富士山が綺麗に見えないことの連続で、富士山を撮りたいのに撮れない日々。
この日もまたまた富士山には厚い雲!アンビリーバボー!
日が沈んでも少しも姿は見えませんでした。
見えない富士山

でも、ご祭神の木花咲耶姫様は手ぶらで帰らせるようなことはしません。しっかりとお土産をくれます。
この日は夕空にたくさんの野鳥を見せてくれたんです。

夕焼け雲と鵜ほんのりと赤く染まる雲の前を多摩川の河口付近のえさ場から寝床へと向かうウが通りすぎて行きました。


優雅に飛ぶカモメ雲の隙間から伸びる薄明光線の前を優雅に飛ぶカモメです。もう渡ってきていたんですね。


夕空のダイサギ多分、ダイサギも加工からこの付近の寝床めざして飛んできました。


夕空の月薄明光線が伸びる先に月を見つけてのんびり月見をしたりもしてました。


多摩川を渡る東急線そして、雲から降り注ぐ天使の梯子の前を横切る東急線を眺めていました。
と、その時です。


サギが目の前を飛び回りだしたので追いかけていると、降り注ぐ光の中を飛び回ってくれました!
カーソルを乗せてご覧ください。


何度も飛び回ってから上流をめざして飛んでいくサギです。いいもの見た〜
夕焼けの中を飛ぶサギ

いいもの見たーなんて思ってたらすぐその後からカモが飛んできました。
ほんの数羽ではなく後から後から大きな群れで飛んできたんですよ。
もうこんなにカモが渡ってきてたんですね。
カモの群れ

カモが飛んで行った方向を見ていたら、今度は鵜の群れが多摩川からどこか別の寝床めざしてV字飛行をしていました。
鵜のV字飛行

多摩川では早朝には上流から下流へ、他の場所から多摩川へと飛んでくる野鳥の群れが、夕方には朝とは逆に向かう野鳥の群れを見ることができます。
名前がわからなくても野鳥の群れを見ていると楽しいですよ。
空を飛びたいという気持ちが心躍らせるのでしょうか。
子供ならその先の宇宙めざして飛びたがるかもしれませんよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック