2012年11月12日

悠真と飛行機雲

悠真と楽しんだ週末でしたがもう一つだけ。
土曜日にブルーインパルスを見たのはすでにお伝えしました。
そしてブルーインパルスの1機が故障で打ち切りになったことも。
その故障したことが悠真にとってはとても大きかったようなんです。

翌日の日曜日のこと。二人で遊んでいると飛行機がきれいに飛行機雲を描いて飛んでいました。
悠真に「飛行機雲だよ」と教えてあげると、
「壊れた飛行機がだしてるのかなぁ」って言うんですよ。
飛行機雲

その時ちょうど持っていたハサミ(爺ちゃんから預かったゴミ拾い用のハサミ)で「捕まえてやる!」と頑張り出しました(^^) 
捕まえられるわけもないけど、「ダメだ」なんて言ってるのが可愛くて。この無邪気さがたまりません。
撮りたいと思ってもやってくれるものではありませんから嬉しくなっちゃいます(^^)
飛行機雲を捕まえる

この日は一日中飛行機雲がよく見える空で、この後も何度も私が見つけて悠真に教える、悠真はあの壊れた飛行機?というの繰り返しだったんです。
そして、午後になって、またまたやってくれました、捕まえてやる!
午後になってもまだハサミを預かったままかというとそうではなく、一度持って帰って返して、午後に遊びに出る時に持って行きたいと言っておじいちゃんにまた借りたんですよ。
飛行機雲を捕まえてやる

飛行機雲を眺めて一度休憩に戻り、家を出るとまた飛行機雲!
悠真と二人で伸びていく飛行機雲をしばらく眺めていました。
二人で飛行機雲を見てるけど、感じていることはぜんぜん違うんですよね。
「ながいね」「すごいね」「昨日のかなぁ」とか悠真が見て思ったことを口にしてくれるとすごくうれしくなりますね。
二人で見たという記憶は忘れちゃうだろうけど、飛行機雲を見て何かを感じたということは悠真の心の中に大事にしまわれていることでしょう。
そしていつかそれが芽を出して、誰かに感動を分ける日が来ればいいなと思っています。


優しい悠真休憩に家に戻った時、悠真の優しい一面を撮れました。
何をしているかわかりますか?
写真は亡くなった私の母と姉です。
悠真は少し前からこの写真の前に誰に言われるでもなくお菓子などを置くようになったんです。
「二人がお腹すいたって言ってたからわけてあげた」って言うんです。
その話を聞いてもう嬉しくなっちゃって。
この日も自分のおやつのお皿におせんべいをのせて持って行ってくれたんです。
私は何も考えずに食べようとしていたというのに(^^;)
お腹が空いておやつを食べたいというアピールでする時もあるようですけど、大抵はふと思い立って写真の前にお供えしてくれているんです。
悠真には会ったことがない二人の声が本当に聞こえているのかもしれません。
こういう姿を見ると、悠真を見ずに他界した二人の分まで悠真の面倒をみてあげたくなりますよ。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .悠真日記 5歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック