2012年11月07日

バラと月見 その3

生田緑地ばら苑のバラとお月見の第3回目です。

マダム・ヴィオレ(Madame Violet)
1981年 日本、寺西菊雄作出
美しい藤色の花。
「スミレ色の奥様」という意味。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


ブラック・ティー(Black Tea)
1973年 日本、京成バラ園芸
春から夏は赤〜朱色、秋が深まると黒っぽい紅茶色に変化します。
気温が高くなると赤みが強く出るという特長があります。
古代ギリシャ ローマ時代から人々に愛されてきたバラです。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


ザ ダークレディ(The Dark Lady)
1991年 イギリス、オースチン作出
濃いピンクの大輪を咲かせます。
漆黒の美女という意味です。
漆黒の美女も月に見とれてるのかも。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


エスメラルダ(Esmeralda)
1981年 ドイツ、Kordes(コルデス)作出
いかにもというローズ色が鮮やかで、大きな花です。
別名:Keep-sake:キープセーク
スペイン語、ポルトガル語で、宝石の「エメラルド」を意味します。
カーソルを乗せてご覧ください。


エリナ(Elina)
1984年 アイルランド、ディクソン作出
淡い黄色というかクリーム色のバラです。
フランス名の「Peau douce(ポードース)」は柔らかな肌を意味します。
2006年 世界バラ会連合の「バラの栄誉の殿堂」
エリナは女性の名前。
エリナはどこか遠くのあの人のことを月に思い描いているうちに黄色く染まったのかもしれません。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


次回も生田緑地ばら苑のバラとお月見です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生田緑地ばら苑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック