2012年09月29日

秋の雲とトンボ

前回に続いて今回もトンボです。
今回は近場の林試の森。
ちょっと雲の多かった日の夕方、林試の森に立ち寄るとたくさんの赤とんぼが飛んでいました。
秋雨前線の影響で怪しい雲が広がりはじめる中、元気に飛び回っていました。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


雲の隙間から空に伸びる光芒の中をトンボが飛んでいます。
光芒と赤トンボ

トンボを撮っていたらちょうど飛行機が通りかかりました。どっちが飛行機かわかりますよね。
飛行機と赤とんぼ

少し雲が切れて見えてきた青空を気持ちよさそうに赤とんぼが飛んでいます。
青空と赤とんぼ

秋のひつじ雲の前を赤とんぼが飛んでいます。赤とんぼは夏の空と秋の空の架け橋をしているのかもしれませんね。
カーソルを乗せてご覧ください。


トンボを眺めて空をみあげていたら、なんと太陽の上の方に環天頂アークが見えました!
この虹色のなかを赤とんぼは飛んでいたんですよ。カーソルを乗せてご覧ください。
赤とんぼは小さくてゴミのように見えてしまってます。


この後どんどん雲が広がってきたので赤とんぼの撮影を切り上げ歩いていたら、今度は空をイワシの群れが次から次へとやって来ました。空を覆うほどのイワシの群れです。
カーソルを乗せてご覧ください。


「赤とんぼ 季節の波を 乗り越えて」


夜の天体観測は雲が多いとできませんが、昼の気象観測は雲が多くてもできます。雲が広がっている時のほうが虹色が見えたり雲の形を楽しめていいかもしれませんよ。
秋はお花見は楽しめませんが、雲見は楽しめます。空をみあげてみてくださいね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと時間がとれて、チョウトンボはもう無理かと思いつつ東御苑に行ってきました。入り口の守衛さんに「チョウトンボは、夏の盛りしかいないよ。今はアキアカネがいるかな〜」と言われ入園。でも、人間しかみつかりませんでした(笑)来年は季節を逃さずに「チョウトンボ」を見つけます!(アキアカネは、千葉でも今飛んでいます)
Posted by felizmundo at 2012年09月30日 21:57
felizmundoさん

チョウトンボはもう終わってますね。
今はアキアカネが主です。赤とんぼも真っ赤なものからちょっとだけああかいものまで種類は豊富ですよ。
今は彼岸花の季節。赤さがいいですよ。
Posted by ブドリ at 2012年10月01日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック