2012年09月25日

悠真と久しぶりにプラレール

お墓参りから戻ってきてお昼を食べてから、悠真を誘って遊びに行こうと思っていたんです。
「新幹線見に行こうか?」と誘うと、「行かない。うちで遊びたい。」と言って一緒に行ってくれないんですよ。ちょっと前は宇都宮線が見たいとか言ってたのに電車への興味が薄れ、わざわざ見に行こうとは思わなくなっちゃって、おじちゃんとしては寂しい限り。
でも、悠真がうちで遊びたいと言ったのは「おじちゃんとプラレールで遊びたい」ということだったんですよ。
そう言うことなら喜んで〜!
悠真のために一生懸命につなぎあわせてあげました!
ここ最近はうちに来てもゆっくり遊ぶ時間がなかったので久しぶりに、しかも二人でプラレール遊びを悠真と一緒に楽しませてもらいました。
カーソルを乗せてご覧ください。



もう一つ、悠真が遊びたがったものがあります。それは私のトイデジカメ。
チェーンを繋げてあるちょっとタイプの違うVQ1015 Entry(青色)とVQ1015 R2(黄色)。
ちょっと前に見せたら、面白がって撮りたがるんですよ。これには液晶がないので撮ってもどんな写真が撮れたか確認できないんですけど、ちっちゃなカメラが面白くて一生懸命にシャッターを切るんです。
カーソルを乗せてご覧ください。


でも、シャッターを押してから撮れるまでにタイムラグがあるのでその間じっとしていないとぶれぶれになるので・・・
悠真が撮った写真をお見せします。私のお腹とプラレールです。
カーソルを乗せてご覧ください。


お母さんが買い物に行くと言うと「おじちゃんと遊んでるから行っていいよ」とうれしいお返事。
電車を好きなように走らせて、ぶつかっちゃった!追いついちゃった!脱線しちゃった!と楽しんみました。
と思ったら、箱に手を差し込んで「怪獣だぁ!」と言って線路を叩くんですよ。「怪獣ユウマゴン、やめてくれ〜」と遊んでました。
家でも、箱を見つけると手を差し込んで怪獣だァとやってるそうです。ウルトラマン好きの男の子ですからね、こういうことはするでしょう。見境なく叩きまくりさえしなければ遊びとして見守るだけですね。
怪獣悠真

次の日の朝、「おじちゃんはプラレールをバッテンにくんだりしてすごいんだよ」(バッテンというのは上の写真の右下の方の十字にクロスしているパーツのことです)などと興奮して話していたそうです。寝て起きても思い出すほど楽しいでくれておじちゃんは嬉しいよ。
久しぶりにたっぷり遊んで楽しかったね〜。また遊ぼうな〜。

今週末(29日)は運動会!
幼稚園では毎日練習を頑張ってるそうです。雨が降らないといいですね。
おじちゃんも見に行っちゃうからなぁ。頑張れよ!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | .悠真日記 5歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック