2012年09月21日

中秋の名月にみんなで祈ろう!

今年はいいかなと思いましたが、サライ 2012年 10月号の毛利衛さんの記事(詳細は「月の満ち欠け」を参照してください)を読み、月を愛でる日本の文化を大事にし、日本から祈ることを続けなければと思い、今年もみなさんにお願いします。

中秋の名月にみんなで祈ろう!

来たる9/30の十五夜お月様。そう中秋の名月です。今年も満月と重なりました。
満月の時間はほぼ正午の12:19。月の出は17時過ぎなのでその時間は見ることができませんが、満月を迎える時間が正午というのも何か感じるところがあります。

月見の風習は中国から伝わったものですが、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、実りに感謝し、御酒を供えて月を眺めるのは日本の風習です。

そこで、古き良き日本の風習であるお月見をみんなでやりましょう。
といっても、薄を飾って・・・とは言いません。
みなさん、それぞれのタイミングで、静かに月を眺めましょう。
ほんのひと時でも立ち止まり、お盆のような月を眺め祈りましょう。

まだまだ大きな東日本大震災の傷あとが一日でも早く癒えるよう、内に外にといろいろな問題を抱えている日本の未来がこれからを生きる子供たちにとって明るいものになるよう、中秋の名月に祈りましょう。

中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」といいますが、雲がかかろうが雨が降ろうが空を見上げて中秋の名月を心に思い描いて祈りましょう。

日本の風習の素晴らしさに感謝し、これからの新しい日本のために、子供たちに誇れる日本を築いていくために祈りましょう。

そして日本から世界へと思いを広げていきましょう!

勝ち負けが全てではない、争うことがすべてではない、一歩引いて周りを見てみよう、自然の中にこれからの人類が進むべき道があることを

この記事は転載自由ですし、改編自由です。賛同してくださる方は、どうぞご自由にブログやホームページ、mixi、twitter、facebookなどで広めてください。掲載してくださったら一言いただけると嬉しいです。

一人でも多くの人が賛同してくれると幸いです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック