2012年09月05日

虹色飛行機雲を追いかけて

前回の記事「夏空の下の東京タワー」の最後で予告した通り、今回は前回の後半で訪れた新宿御苑で撮影した飛行機雲をお届けします。

最後の東京タワーとの写真に写っている飛行機雲を見上げていたら、その左側に飛ぶ飛行機が飛行機雲をたなびかせて飛んでいました。
二本の飛行機雲

先に見えたのひこうき雲を追いかけていたら、どんどん太陽の方へと向かって行くんです。
太陽の方へ向かって行くとなれば期待するのは虹色飛行機雲。
ずっと追いかけていたら肉眼では赤や青にわかれて見えたんです。でも、明るすぎたのか写真には綺麗な色が再現されていないんです。
で、ちょっと色を補正してみたら見ていた感じと近くなったのでお見せします。
カーソルを乗せてご覧ください。


この飛行機は太陽のそばを通り、雲を突き抜けて飛んで行きました。
雲を突き抜けて

団子を描く飛行機雲新宿御苑内を散策していると次々に飛行機雲が空に描かれていきました。
雲を串刺しにした飛行機雲です。
ここは昔、新宿追分でしたから追分団子のつもりでしょうか。


ちょっと見にくいのでしっかりとご覧ください。
温泉から湧き上がる湯気のような雲の中に飛行機雲が伸びてきました。するとこの雲の中で向きを変えて飛び始めると飛行機雲も向きを変えました(当たり前ですけどね)。
カーソルを乗せてご覧ください。


この方向に飛んでいく飛行機はほぼ同じルートをたどるので太陽の近くを通ります。そうあるとやはり虹色の飛行機雲を撮りたい、そう思いますよね。
設定を変更して何度も挑戦するのですがなかなか再現できません。悔しい〜。
下の写真では少し赤みを帯びた部分とそうでない部分がわかると思います。
色調を補正して色味をましてみると少しわかりやすくなりました。カーソルを乗せてご覧ください。


雲の隙間の飛行機雲も少し虹色がかっているのがわかりますか?
雲の隙間の飛行機雲

虹色飛行機を追いかけていたのですが、もう一つ追いかけていたものがあります。
それは飛行機雲と月。うまく一緒に撮れないものかと見ていたのですが、飛行ルートが月の近くを通っていないので撮りたいと思っていたようには撮れなかったのですが、一緒に収まった写真を2枚お見せします。
カーソルを乗せてご覧ください。


この日は上空の湿度が高かったようで飛行機が次々に飛行機雲を描いて飛んでいったので、お花見のメッカも飛行機雲見の場となり、月見の場ともなりました。

こうして空を見ていると暑い暑いと言っていた8月だったのですが、夏の雲ばかりではなく秋の気配を漂わせた雲もたくさん浮かんでましたね。人間にとって少しおかしな夏かもしれませんが、季節はしっかりと次へと歩み始めているんですね。

「雲に乗せ 季節のバトンを 運んだか」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 空色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったですねえ。一度は見たいと思いつつ、いまだに果たせていません、うらやましい〜〜!!
きれいだったでしょうねえ。。。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2012年09月06日 11:00
森のどんぐり屋さん

虹色飛行機雲はうまい具合に太陽の近くを通る日中に見ていなければいけないですし、かならず見えるというわけでもないのでなかなか出会えません。
ほんとに貴重な体験をしました。
実際に見るといいですよ。うっとりです。
実物を見ていただきたいです。
Posted by ブドリ at 2012年09月06日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック