2012年08月22日

フヨウの花とムクゲの花

いつもお世話になっている森のどんぐり屋さんのブログ「そよ風つうしん」の2012/8/8の記事『芙蓉の花のメシベは不思議??』で芙蓉(フヨウ)の花との雌しべが取り上げられていました。
いつも何の気なしに見ていたのですが、あらためて私も見てみました。

こちらが芙蓉の花です。
花の中央に伸びる柱のように見える部分は、多数の雄しべがくっつき合って長い筒を作り、その中を雌しべが貫いて先端をだし、先端が5つに分かれているという構造になっています。
芙蓉の花

白い芙蓉の花も構造は同じです。
白い芙蓉の花

こちらはよく似たムクゲの花です。
雌しべと雄しべの構造もよく似ていますが、違うのは上に反り返って先端が5つにわかれていないことです。
ムクゲの花

雌しべの先は上に反っていないのですが、よく見てください!
雌しべの先端の花粉を受ける部分は柱の上側に集まっているんです。集まっているというよりも上になるように揃っているんです。
拡大した写真をカーソルを乗せてご覧ください。


この雌しべですが、芙蓉と違い5つに分かれて伸びてはいないのですが、5つには分かれているんです。
ちょっと見にくいのですが正面から撮った写真と柱頭部を拡大したものをカーソルを乗せてご覧ください。
調べたところ少し伸びる時もあるようですね。


で、ムクゲの雌しべが反り返って伸びないわけ、これはなんとなくわかりました。
スズメガの一種のオオスカシバはこの雄しべの筒に乗るようにして蜜を吸い、雌しべの先にふれ受粉を手助けするのだそうです。(新宿御苑「夏を彩るムクゲの花がみごろです」より)
オオスカシバはホバーリングしながら蜜を吸うので、その邪魔にならない程度に上を向いて、上下する時に体にくっつけていってもらって、他の花に運んでもらう戦略でした。
一方の芙蓉ですが・・・この雌しべが上に向いているのはなぜか?
いろいろ調べましたがほんとによくわかりません。
受粉に関わる虫の種類を違えるために雌しべの先端を反り返らせているのかもしれませんね。
目もないのにどうやって最適な形を見つけ出すんでしょうか。
これを考えると夜も眠れなくなっちゃいますね。

みなさんも身近に咲く花で似た花があったら、違いを見比べてみてください。
何か発見があるかもしれませんよ!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック