2012年08月21日

トンボ交尾中:皇居東御苑

毎日暑い日が続きますがごきげんいかがですか?
体調など崩していませんか?
上手に水分補給して、暑さをしのいで、夏を乗り切りましょう。
私達人間は暑い暑いといっても、この暑い夏の中、子孫を残すために虫たちは一生懸命です。
今回は暑くても一生懸命なトンボをお届けします。

皇居東御苑二の丸庭園の池の周りの交尾中のトンボです。
交尾中のトンボ

交尾しているトンボの色が違うって思いましたか?
確かに違いますね。
青っぽいシオカラトンボと茶色っぽいムギワラトンボが交尾中です。
でも、これでいいんです。
メスや未成熟のオスでは黄色に小さな黒い斑紋が散在するので、ムギワラトンボと呼ばれているので、色が違うトンボと交尾していていいんですよ。

右と左で2組が交尾中!
カーソルを乗せてご覧ください。


トンボの交尾って不自然な格好してますよね。交尾には幾つかの形があるのですが、シオカラトンボの交尾は不均翅亜目の特徴を示しています。

『生殖孔は雌雄ともに腹部後端にあるが、オスの腹部後端はメスを確保するのに用いられ、交尾時にはふさがっている。そこで、オスの腹部前端近くに貯精のうがあり、オスはあらかじめ自分の腹部後端をここに接して精子を蓄える。首をオスの腹部後端に固定されたメスは、自分の腹部後端をオスの腹部前端に接して精子を受け取るのである。このとき、全体として一つの輪を作る。』 Wikipediaより

というように輪っかを作ります。輪っかなので真上から見ると1匹のように見えちゃいます。
カーソルを乗せてご覧ください。


しかもこの格好のまま飛び回るんですよね。そのスピードが意外と早くて、撮ろうと狙うのですが今回は撮れませんでした。それでも飛んでいくところを追い続けて止まったところを撮りました。
わかりますか?サルスベリの幹にすべらずに止まりました。
カーソルを乗せてご覧ください。


交尾の後は産卵。産み付けられた卵はどれだけが成虫になれるんでしょうね。それまでもまた命がけの戦いです。こんな自然を人間が簡単に断ち切ってはいけませんよね。

今回のおまけ

皇居東御苑でよく見かけるのですがなかなか止まってくれないチョウトンボというトンボがいます。
このトンボは羽が全体的に黒っぽい色でおおわれていて、光の角度によって虹色に光るので、じっくりと見たいトンボなんです。
今回、後尾の写真を撮っていたら近くにふらっとやってきてほんのちょっとだけ止まってくれました。
角度を変えてみる余裕もなく飛んでいってしまったのですが、ちょっとだけ虹色になった写真が撮れたのでお見せします。
チョウトンボ
いかがですか?魅力的でしょ?じっくりと角度をとってみたくなりませんか?

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング


posted by ブドリ at 21:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わお〜。今日2つ目のコメントしちゃいます。昨日、千葉の渓谷まで行って羽黒トンボにであって凄い!と感動したのですが、東京の中心の皇居にチョウトンボがいるのですか!!!!!自然って強いのですね。浜離宮とか、皇居も面白そうですね。これって、結構みつかるのですか?いつか絶対見つけたいです。
Posted by felizmundo at 2012年08月31日 23:07
felizmundoさん

チョウトンボはいつの間にか皇居東御苑で増えてきました。トンボの飛ぶ季節になら今は普通にいます。
蝶ともトンボとも思えない飛ぶ姿ですぐに分かると思います。
記事にも書きましたがなかなか近くで止まってくれないので綺麗な羽の色をミられないのが残念ですけどね。
Posted by ブドリ at 2012年09月02日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック