2012年07月08日

絵本「雨、あめ」ピーター・スピアー

梅雨まっただ中ですね。
雨が降った日は家の中で絵本を呼んで雨の一日を考えてみるのもいいのではないですか。
今回紹介する絵本は字がありませんので絵からじっくりと想像してください。

雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)
ピーター・スピアー

評論社 1984-06
売り上げランキング : 12906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「雨、あめ」
ピーター・スピアー 作・絵
評論社

突然の雨、家に駆け込むおねえちゃんとおとうと。
カッパを着て、長靴をはいて、傘をさしてまた外へ。
雨のふる庭へ飛び出して、雨やどりしている小鳥、クモの巣に光る雨のしずく、水たまりに広がる波紋、、雨水の流れをみたり・・・
家に帰ってびしょびしょの服を脱いで、お風呂に入って、温かい飲み物を飲んで・・・
雨が降るまま日が沈み、お休みの時間をむかえる
夜のうちに雨が上がり、雲が流れて月が顔を表す
そして雨上がりの庭の澄んだ空気。
画面隅々まで雨の日の楽しさ、美しさに溢れていて、いきいきと描かれた新鮮な世界が目に飛び込んできます。
字がない絵本だけに雨の世界にぐっと引きこまれ、自分も雨の中にいるような感覚がいきいきと伝わってきます。

親子でゆっくりと眺めてみるのもいいと思いますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック