2012年06月17日

絵本「あしたのてんきははれ?くもり?あめ?」

梅雨のこの季節。
明日の天気はどうかな・そう思いますよね。
今回の絵本・児童書は観察することによって天気を知るための絵本です。


「あしたのてんきははれ?くもり?あめ?」
野坂勇作 作・絵
福音館書店

遠足や運動会、ピクニックの前の日など子供達は明日の天気が気になって仕方ありませんよね。
天気予報を見ればすぐに分かりますけど、ちょっと待って!
そんな時はこの絵本を参考にまわりをよく観察してみてください。

「ゆうやけは はれ」
「ほしがまたたくと かぜ」
「うろこぐもがひろがると あめ」
「つばめがひくくとぶと、あめ」
など、雲の形や動き、夕焼けや生き物の様子から分かる天気の変化を、わかりやすい徴候とその理由を解説しています。
みんなで外に出た時ぐらい、天気予報を調べないで周りの様子から天気の変化を感じ取ってみるのもいいと思いますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック