2012年05月28日

春紫苑

今回は野に咲くハルジオン(春紫苑)です。

水の中の春紫苑皇居東御苑の二の丸庭園の水が流れると岩の割れ目にしっかりと根を張って花を咲かせていました。
ハルジオンは別名ハルジョオン(春女苑)とも呼ばれますが、これは牧野富太郎が名付けたもので、春に咲くシオン(紫苑)という意味です。


うっすらとピンクがかったハルジオンもあります。
ピンクがかったハルジオン

世間一般では雑草のように思われているこの花にだって、蜜を求めて虫が集まってきます。
ハナアブがしっかりと口を伸ばして蜜を集めていましたよ。
春女苑に集まる虫

さてさて、今回ハルジオンを取り上げたのには理由があります。
それは、2週間前の5/12(土)のことです。
この日は悠真が遊びにやってきました。悠真が家を出る前に咲いている花を見つけて「おじちゃんに持っていく」と車の中でずっと大事に持ってきてくれた花なんですよ。
持ってきてくれた花がこれです。ちょっといたんじゃってましたけど悠真の気持ちが嬉しいですね。
悠真がくれたハルジオン

悠真が可愛いと思って、その気持ちを届けてくれた花ですから、傷んじゃったからってそう簡単には捨てられません。
押し花にして、パウチして閉じ込めてみました!
ちょっと色が悪いのは勘弁して下さい。
押し花にしたハルジオン

この日はこれだけじゃなくて、近所に買い物に行った時、試食したスープが美味しかったので「買う」と言ってパッケージを手にしたんですけど、自分が食べたいからじゃなくて、「おじちゃんにあげるの」なんていうんて言うんですよ。そんなに私のことを思ってくれるなんて嬉しくてたまりません。
幼稚園に入って、日に日に顔つきがやんちゃ坊主になっているんですけど、優しさもどんどん成長してます。
ますます悠真ラブです(^^)

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック