2012年05月19日

桜色に染めて:新宿御苑

いまさらという感じですが、お見せし忘れていた写真をお届けします。
それが散った八重桜の風景です。

新宿御苑にはたくさんの八重桜があるのですが、今回お届けするのはフゲンゾウ(普賢象)というサクラの散った風景です。

サクラの花びらは風に誘われてヒラヒラと舞い散りますが、一体どれくらいの枚数があるのでしょう。
樹の下をピンク色に染めるほどに降り積もります。
カーソルを乗せてご覧ください。


地上に顔を出している根を浮かび上がらせ、キレイに染め上げる。
ピンクに染め上げる

地上に顔を出した新芽にはジャケットを羽織るようにやさしく降り積もる。
優しく降り積もる

降り積もった花びらはいつしか元の木の栄養となって、また花を咲かせ、また散って。
花が咲き続ける限り繰り返される自然の輪廻。やさしく身守り続けよう。
繰り返す

サクラさん、今年もたくさん楽しませてくれてありがとう。
また来年もよろしくね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック