2012年05月17日

ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ):小石川植物園

今回は小石川植物園で撮影したナンジャモンジャの木をお届けします。

ナンジャモンジャの木と言っても、「ニレ」「コレ」「イヌザクラ」「ボダイジュ」「クスノキ」「アブラチャン」「カツラ」等いくつもあるのですが、たいていはヒトツバタゴ(一つ葉田子)のことです。
今回はそのヒトツバタゴをお届けします。

ナンジャモンジャの木ヒトツバタゴ(一つ葉田子) モクセイ科
トネリコ(別名「タゴ」)に似ていて、トネリコが複葉を持つのに対し托葉を持たない単葉であることから「一つ葉タゴ」と名付けられました。


花期は4月末〜5月頃で、プロペラ型の小さな白い花が密集して咲きます。
ヒトツバタゴの花

この花が咲く様子が雪が積もったように見えます。学名の「Chionanthus retusus」も雪のような花という意味です。
カーソルを乗せてクリックしてご覧下さい。


明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いにこのなんじゃもんじゃがあって、名前がわからなかったので「何でふ物ぢゃ」とか呼ばれているうちにいつのまにか「なんじゃもんじゃ」という名前になってしまったそうです。

木の間から指す光に小さなヒトツバタゴの花も伸びをしています。ドンナモンジャ!ってな具合です。
カーソルを乗せてご覧ください。


天然での分布域が狭く、日本では本州中部の木曾川流域(長野県南部・岐阜県・愛知県)と対馬だけに自生するめずらしい木。長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されています。
自生地は少ないけど、植物園では頑張って咲いています。花にはハナアブもやってきていました。
ヒトツバタゴによってきたハナアブ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック