2012年05月11日

ムラサキハナナとチューリップ:昭和記念公園

昭和記念公園のチューリップシリーズの最終回です。
渓流広場にはたくさんのチューリップがレイアウトされて植えられているのですが、そのチューリップよりも奥まった渓流沿いにムラサキハナナが群生している場所があるんですよ。
一面の紫の絨毯ができていてこれまた見応えあるんです。
ムラサキハナナの群生とそこから見たチューリップ畑をカーソルを乗せてご覧ください。


このムラサキハナナの広がる中にポツーンとチューリップが咲いていることがあるんです。
わざと球根を植えたのか、植えた球根をカラスがくわえていって落としたものかはわかりませんが、ポツーンと咲いている様子が絵になるんです。
カーソルを乗せてご覧ください。


ところどころに近くに顔を出しあうチューリップもいます。
「ムラサキハナナがキレイだね」「このへんでお弁当を食べようよ」なんて話してるのかもしれません。
カーソルを乗せてご覧ください。


なかには背伸びをして遠くのヤマブキの花を眺めようとしているチューリップもいました。
背伸びをするチューリップ

紫のチューリップはハナナの中で隠れんぼ。上手に隠れられてるかなぁ。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


ムラサキハナナの中にウサギが隠れてると思ったら、チューリップでした(^^)
可愛いですよね。毎年、顔を出してくれるので楽しみの一つです。
ムラサキハナナの中のウサギ

おまけ
宮沢賢治の童話に「チュウリップの幻術」というお話があります。
よかったら読んでみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック