2012年05月06日

絵本「おひさまがいっぱい」よだじゅんいち

太陽の光が眩しくなってきた今の時期におすすめの絵本を紹介します。


「おひさまがいっぱい」
よだ じゅんいち 詩
ほりうち せいいち 絵

「よなかに おきて チュウチュウ さわぐのは だれでしょう。」
「それは ねずみの チーチーです。」
「よなかに さわぐ ねずみの ちーちーを しっているのは・・・」
というように詩が続き、夜を楽しむ場面が続きます。
でもおひさまがのぼって明るくなったら、お昼寝ばかり。
外はこんなにおひさまがいっぱいなのに。

お日様があたたかく、ゆっくりと時間がながれている。
そんなある日の幸せなひとときを感じさせる、とっても詩的な絵本です。
良い子はお寝坊してないで早起きして日差しを浴びましょう。
優しくささやいてくれる絵本です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

タグ:太陽
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック