2012年04月05日

新宿御苑の修善寺寒桜

今回は新宿御苑の修善寺寒桜をお届けします。

修善寺寒桜(シュゼンジカンザクラ)はカンヒザクラとオオシマザクラの交雑種と考えられていて、名前の通り静岡県修善寺町にちなんで名付けられました。
新宿御苑の中の池のほとりに咲いています。
例年だといつもだとソメイヨシノの前に散ってしまうのですが、今年は出会うことが出来ました。

青空が広がる日は池の反対側から見ると水面にピンク色が映えてきれいなんですよ。
水面に映える修善寺寒桜

この桜からはドコモタワーがよく見えます。ミスマッチなようなそうでないような組み合わせを皆さん楽しんでいます。私も毎回楽しませてもらっています。
カーソルを乗せてご覧下さい。


この修善寺寒桜で一番好きなのが、桜の後ろに水面を写すことなんです。
波立つ水面。光の具合によってはキラキラと輝いて桜を彩ってくれるんです。
今回は残念ながら満足いくほどには輝いてくれませんでしたが、この角度がいいんですよ。
散るころになると桜吹雪がきれいなんです。この日はほんの数枚の花びらが飛んで行きました。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧下さい。


お昼すぎになるとちょうど太陽が修善寺寒桜の向こう側から差してくるんです。
日差しを浴びていきいきとしてますよね。
55DSC95191.JPG

ちょっと雲が広がってきたので空をみあげてみたら光芒が広がっていました。
太陽に雲がかかったのは見上げろというサインだったんですね。
広がる光芒

55DSC95314.JPG東の空からはお月様がいつの間にか上って、新宿御苑内に咲いたいろいろな桜の花を楽しんでいましたよ。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック