2012年03月22日

河津桜にギャング団・ワカケホンセイインコ

林試の森の河津桜お彼岸になり、ようやく林試の森の河津桜が見頃をむかえました。
例年より1ヶ月も遅い見頃です。
早朝ウォーキングで見守り続け、長かった〜


花が咲いて喜んでいるのは人間だけではなく、鳥たちも喜んでいます。
その中でもちょと厄介な(こう言ってはかわいそうですが)鳥がいます。
それがこの鳥。ワカケホンセイインコです。
ワカケホンセイインコ

何が厄介か?
下の写真にカーソルを乗せてご覧下さい。


別に、桜の花をくわえて「どう?綺麗?似合う?」なんてやってるわけじゃないですよ。
桜の花の付け根にある蜜を食べるために桜の花を食いちぎって根本だけ食べているんです。
そして、ちょっとしかない蜜を食べ終わると花を捨て、また次の花を食いちぎっては捨てを繰り返しています。
カーソルを乗せてご覧下さい。


河津桜にワカケホンセイインコピンクの桜の中に緑色の体色が映えて綺麗なのですが、花を次から次へと食いちぎっていきます。1羽しかいないのならそれほどでもありませんが、群れで行動しますからね。


わずか10分もしないうちに木の下には桜の絨毯が出来上がります。
次から次へと落ちてくる桜の花をカーソルを乗せ、クリックしてご覧下さい。


ワカケホンセイインコが花を散らすといってもインコが悪いわけではないですよね。生きるために食料を求める結果ですからね。
かつて日本に輸入し逃がしてしまった人間が悪いわけですよ。
邪険にしないで、そうっと見守ってあげてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 林試の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この鳥は、飼っていたのが逃げたのですか?
こちらでは見たことの無いものです。

花喰い鳥が多くなって、サクラは気の毒です。
「昔はよかったね〜」なんて言ってるかも?
Posted by 森のどんぐり屋 at 2012年03月23日 20:39
森のどんぐり屋さん

はじめはペットショップのものが逃げたようです。
繁殖しないだろうと思ってたらあれよあれよという間に増えていったというわけです。
都内の東工大の敷地をねぐらに周辺部で活動しているようなので、全国に広がっているというわけではないようです。それでも数千羽に増えているのでもう減らすことはできないでしょう。

食いちぎられる桜は痛い思いをしていることでしょうね。
Posted by ブドリ at 2012年03月26日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック