2012年02月28日

ようやく咲いた河津桜:林試の森

例年だと1月下旬からポツポツ咲き始め、2月中旬には見頃を迎え、1年の桜の季節の始まりを告げ、寒桜や寒緋桜へとバトンをつなげて、3月の声と共に去ってゆく河津桜なのですが、今年は例年になく遅く、1月下旬に咲くどころか2月中旬になっても咲く気配がありませんでした。
毎朝、ウォーキングのたびに開花はまだか開花はまだかと見ていて、徐々に蕾が膨らみ、始めたのを感じていました。

そしてついに27日の朝、まだ完全ではありませんでしたが、蕾がほころび花が開き始めた河津桜をついに発見!10本のうちのたった1本のそれもほんの数輪だけなのですが。
ほころぶ河津桜

よく探したら同じ木に完全に花が開いているものを見つけました!
花開いた河津桜

なんとなんと、もっとよく探したらもう1輪咲いていましたよ。
河津桜・開花

日一日と早く顔を出すようになった朝日を浴びて、まだまだ寒くても「春が近い、咲かなくちゃ!」と感じ取ったのでしょう。左の枝が河津桜です。
朝日を浴びる河津桜

でも、また雪が積もるようなので、この先の開花もゆっくりと進むのでしょう。
ゆっくりと咲くのはいいのですが、いつもこの花を食料にしていたヒヨドリやシジュウカラ、メジロなどの野鳥たちは食料をどうしているのでしょうね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 林試の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は小鳥の数がとても少ないのだそうですね?
もしかすると、各地の大雪で餌が足りなくて・・・ということもあるのかもしれないです。
今日のそちらはまた雪ですか?

3月になれば暖かさが戻ってくるという予報ですが、当たればいいですけどねえ。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2012年02月29日 09:55
森のどんぐり屋さん

確かに鳥の数が少ないように思います。
低温や餌不足が影響しているのかもしれませんね。
こちらの雪は結構大雪で、先月積もった時以上だったようなのですが、一夜明けたらそれほど残っていませんでした。
春が近づいているからなのかもしれません。
もう少し暖かくなれば鳥たちも元気な姿を見せてくれませんね。
Posted by ブドリ at 2012年03月01日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック