2012年02月07日

カモたちの顔

2月に入って渡り鳥であるカモの仲間の話題(「パンダ鴨<ミコアイサ>・皇居」「オシドリ・明治神宮」)が多いのですが、今回もカモの話題です。

カモって冬になると飛来してあちこちの川や池などでよく見かけますけど、顔って正面から見たことありますか?意外とありそうでないでしょ?
というわけで今回はカモたちの顔に焦点を当てました。

キンクロハジロ(オス):カモ目カモ科ハジロ属
頭は黒色で、紫色光沢がある。目が黄色、背が黒、腹やわきが白ということで、キンクロハジロ。メスは褐色がかってます。
正面から見るとけっこう怖い顔!カーソルを乗せて横顔をちらっと御覧ください。


キンクロハジロ(メス)
顔の作りは同じですから正面から見るとやっぱり怖いです。
横顔もちらっとカーソルを乗せてご覧ください。


ハシビロガモ(オス):カモ目カモ科マガモ属
雄の頭部は緑色、横腹部は茶色と白色です。
嘴が大きくて、先端がスコップ状に広がっているのが特徴で、くちばしが広い→ハシビロガモのようです。
やはり鋭い顔をしています。横から見たらキンクロハジロよりもかっこいいカモ?
カーソルを乗せてご覧ください。


先日も登場したミコアイサのオス。
ミコアイサ(巫女秋沙)カモ目カモ科アイサ属
和名ミコはオスの羽衣が巫女の白装束のように見えることに由来します。
雄は体が白くて、目の周りや後頭部、背中が黒いので、パンダガモとも呼ばれています。
正面から見ると宇宙人(見たことないけど)のようですよね。
横姿はなかなか綺麗です。カーソルを乗せてご覧ください。
トリミングした写真です。


こちらも先日紹介したオシドリのオスです。
カモ目カモ科オシドリ属
オスの派手な色は繁殖期だけ。メスは茶色がかった灰色で、あまり目立ちません。繁殖シーズンが終わる6月下旬になると、オスも地味な色になります。そして8月ごろ、来年の繁殖に向けて、オスの羽はふたたびきれいな色に生えかわります。ということはほとんどこの色の羽が生えているってことです。
正面から見ると鼻筋?が通ってなかなかのイケメンです。
正面とちょっと斜め、水面に写った自分の姿にうっとりしているような姿をカーソルを乗せてご覧ください。


いかがでしたか?
カモによってけっこう違いますよね。
ここには登場していませんが、ほかにもマガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロなどたくさんのカモがいますし、他の水鳥もいますのでお気に入りの鳥を見つけに出かけられてはいかがですか?

「水鳥の 宴にまぎれて 顔較べ」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック