2012年02月05日

「しもばしら」

立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続きます。
寒い朝には楽しみなのが土にできる霜柱。よく踏みしめましたよね。
そんな「しもばしら」について描かれた絵本を紹介します。

しもばしら (かがくのとも傑作集―どきどき・しぜん)しもばしら (かがくのとも傑作集―どきどき・しぜん)
野坂 勇作

福音館書店 2004-11-20
売り上げランキング : 176240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「しもばしら」
野坂勇作 作・絵
福音館書店

寒い朝、おばあちゃんといっしょに大根畑に行った、はーちゃんは、踏みつけた地面の足跡にきれいな氷の柱を見つけます。
「しもばしらだよ」と教えてくれたおばあちゃんと、どんな所にあるか「しもばしら探検」を開始。
畑だけでなく、池のそば、うらやまのがけ、いろんな所にいろんな形のしもばしらを見つけていきます。

いろいろなかたちのしもばしらがあることを見つけて、
「面白い!どうしてしもばしらができるの?」
不思議顔のはーちゃんに、おばあちゃんが説明してくれました。
ますます興味をもった、はーちゃんは、わくわくするような実験をします。
家の冷蔵庫の冷凍室でしもばしらを作るのです。
さあ、うまくできるでしょうか?

霜柱ってよく見かけますけどどうやってできるか説明出来なかった疑問を解き明かしてくれます。子どもだけでなく大人もあらためて自然の不思議を学ぶのに役立ちますよ。
冷凍庫で霜柱を作る実験は土を入れることに抵抗があると思いますが、ぜひ試してみてください。
私はお許しが出ないので外にできる霜柱で楽しみます。
科学する楽しさを伝えるおすすめ絵本です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック