2012年02月02日

上野東照宮の冬ぼたん

上野東照宮の冬ぼたんの2回目です。
今回はやわらかな花に注目してみました。

俳句に諭されて思わず唸ってしまった一句!

「人立てば
  日ざし奪はれ
     寒牡丹」増田湖秋

俳句に諭されて、影を落として日ざしを奪わないように慎重に撮影しましたよ。


やわらかな黄色のぼたん。
影がかからないようになったところで右から左から、そして正面から撮影しました。
花びら一枚一枚の柔らかさに、そっと触れてみたくなりますね。
よく香りを嗅ごうと花をつかんで引き寄せて嗅いでいる人がいるけど、それは迷惑行為。
触っちゃダメですよ。花が散るかもしれませんからね。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


ちょっと濃いめのピンクのぼたん。仲よく並んですまし顔。
すまし顔

淡いピンク色のボタン。
寒いからもうちょっと開こうかどうしようか、迷ってるみたい。
開こうかどうしようか

雪がふるのを待っているかのような白いボタン。
雪が積もったときは喜んでいたでしょうね。
白いボタンの花

置くと手前に離れ離れ。もっとよく顔が見たいね、と呼びかけてもかなわぬ願いの牡丹。
カーソルを乗せてご覧ください。


まだ開かぬ花を待ちくたびれて。
待ちくたびれた牡丹

「日を浴びて やさしく微笑む 寒牡丹」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 冬の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック