2012年02月01日

上野東照宮の冬牡丹 

1月14日(土)に撮影に行き、半月経ってようやく陽の目を見ることができた「上野東照宮の冬牡丹」をお届けします。

上野東照宮ぼたん苑は1月1日〜2月中旬の冬ぼたんと4月中旬〜5月中旬の春ぼたんの時期の2回だけ一般公開され、それ以外の時期は見ることができません。

今回はここ上野東照宮のぼたん園に行くと必ず撮影する構図「五重塔とボタン」をお届けします。

冬ぼたん冬ぼたんには雪よけのワラ囲いがかけられ、さながら雪ん子のような出で立ちで春ぼたんよりも小さめの花がより可愛らしく見えます。


五重塔と冬ぼたんさて、上野にある五重塔は元々は上野東照宮の五重塔でしたが明治の神仏分離によって寛永寺の帰属となり、戦後は東京都が管理。現在は上野動物園の中にあるというわけで、上野動物園にはいらない限りよく見えないんです。ですが、ぼたん園からは東照宮の参道を挟んで反対側にあって、目立ちすぎず目立たなすぎずといった感じで存在します。
クリックすると大きな写真が見られます。


ぼたんの脇には俳句が掲げられていて、一つ一つ読んでぼたんを楽しむのもよし、五重塔を眺めながら楽しむのもよし、花だけに注目するもよし、よ楽しみはたくさんあります。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


冬ぼたんいろいろ花の色も濃いピンク、淡いピンク、黄色など様々。みんな肩を寄せ合って、五重塔は見えないけど、上野の話をしてるんでしょうね。
「パンダ見に行きたいね〜」なんて感じで。


「厚着して 頬赤らめて 冬ぼたん」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 冬の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック