2012年01月26日

雪の花

東京に積もった雪のお話、第3回目は樹木に咲いた「雪の花」をお届けします。

「雪の花」って何?と思われた方、韓国ドラマ『雪の花』でも、中島美嘉の『雪の華』でもありません。樹木の枝に雪が積もって花のように見える状態のことです。
夜明け前のヤマボウシの枝に咲いた雪の花です。
カーソルを乗せてご覧ください。


空が明るくなったときにはこのように見えます。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


朝日が当たり、赤く色づいた雪の花です。
だいぶ解けてしまってますけどね。
朝日を浴びる雪の花

こちらは河津桜に咲いた雪の花
本当の花は1月下旬から咲くはずなのですが、ちょっと遅れそうです。
カーソルを乗せてご覧ください。


こうして見ると雪国のように見えますね。

「つかの間の 夢と開きし 雪の花」

「雪の花 咲けど儚く 散りゆきて」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
【.四季の景色 雪・氷・霜・霜柱の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック