2012年01月23日

1月中半の月

今年に入ってから比較的天気がいい日が続き連続お月見記録が続いていました。
ですが19夜目となる20日、夜中から雪模様のためついにお月見出来ず、1/19の朝までの連続18夜の月を見ることが出来ました。
この間、月の出が夜更けから夜中、明け方へと変わり、そして月もどんどん細くなって行きました。月とともに天体観測にもいい条件が揃っていました。
前回お見せした1/10の後、1/11〜1/18までの月をお届けします。
写真はすべてクリックすると一回り大きな写真が別のウインドウで開きます。

1/11(水)夜〜1/12(木)早朝 いろいろな星と居待月
雲が薄く広がり、雲の塊が風に流されているもののお月見できる状態でした。
雲が流れる間の空にはふたご座のカストルとポルックス、アルヘナ、オリオン座のベテルギウスとオリオン座の星たち、こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウスなど、たくさんの星たちが見えました。
いろいろな星と居待月

1/12の明け方の空ではまた別の星が近くに輝いていました。
月の近くにはしし座のレグルスとアルギエバ、ちょっと離れて火星がいました。
星たちと居待月

1/12(木)夜〜1/13(金)早朝 しし座の星と寝待月
この日も風が吹いて雲が流れていく合間にたくさんの星が見えました。
月はしし座の近くに位置し、夜を通して一緒に移動しています。
しし座のレグルスとアルギエバそして寝待月です。
しし座の星と寝待月

1/13(金)の明け方の空ではしし座の星たちと火星に囲まれて嬉しそうな寝待月です。
ちょっと色調補正して星が見えやすくしています。
しし座の星と火星と寝待月

1/13(金) 屋根の上の更待月
だんだん月の出が遅くなってきて、早朝ウォーキングのために早寝の私には夜の月見は難しい時間。上ってきたばかりの月を22時過ぎに散歩に出かけてようやく見つけた更待月は屋根の上にいました。
屋根の上の更待月

近所に戻ってきて見つけた月の近くに火星が見えました。
どんなところにかというと、やっぱり屋根の上。電信柱に囲まれた場所です。
屋根の上の更待月と火星

1/15(日) 国際宇宙ステーションと明け方の月
ついに1/14夜の月見ができない時間となり、早朝ウォーキング出の月見だけになったこのひはまたまた雲の多い空。
この雲の中を南西の方角から移動してくる光る物体。偶然撮影できていたこの物体を家に帰って調べると、なんと国際宇宙ステーション(ISS)だったんです。
月のちょっと左上。雲に紛れて少しだけですけどその光跡が写っています。
国際宇宙ステーションと明け方の月

1/16(月) 大鳥神社で明け方の月
この朝向かったのは大鳥神社。お参りしようと鳥居まで来ると月の姿がよく見えるようになっていました。光環が見えるほぼ下弦の月と本殿です。
大鳥神社でほぼ下弦の月

1/17(火) 円融寺阿弥陀堂とかろうじて見えた二十三夜の月
起きて空を見るととても雲が厚く月が見えそうになかったのですが、ウォーキングに出るとかろうじて月の姿が見えました。
そしてこの日向かったのは円融寺。阿弥陀堂の裏手から二十三夜の月。まさに二十三夜講。
円融寺阿弥陀堂と二十三夜の月

1/18(水) 朝と夜のはざ間を漂う明け方の月
この日は久しぶりに雲ひとつない明け方の空。星たちもたくさん見えましたがこの日綺麗だったのが明け方の空の月。
朝と夜のはざ間を漂う明け方の月

1/19(木) 曇り行く朝方の空の月
まだ明けない暗い朝の空には雲が広がり始め、月が徐々に覆われて行くなか、向かったのは目黒不動。そして仁王門裏からのお月様です。
目黒不動仁王門と月

明るくなると月の姿はどんどんぼんやりとしていき、かろうじて見える月を早起きのスズメたちと眺めました。
スズメと月見

この後、空は厚い雲に覆われ、夜半から降りだした雨が、夜中に東京の初雪となり、連続お月見記録は途切れたのでした。
1/21、1/22は曇り空、と言っても月の出の時間や細くなったのを考えてもみられなかったでしょうね。

「冬の月 凍える指を 導いて」

今日23日は新月。新しい月が始まります。
今度はどんな月が見られるでしょうね。
みなさんもたまには夜空を見上げて、寒の月見でもいかがですか。
そして旧歴の元日。新しい年が始まります。
どんな一年になるのでしょう。
きっと明るいいい一年になると思いますよ!


おまけ
お月見の参考にしてください。

星空カレンダー(1月23日〜1月31日)
1月23日(月)●新月
1月26日(木)夕方から宵のころ、細い月と金星が並ぶ
1月30日(月)宵のころ、月と木星が接近
1月31日(火)上弦

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック