2012年01月19日

ホンセイインコ:新宿御苑

新宿御苑にはたくさんの野鳥がいます。
池には渡り鳥も飛来し、冬の今はとても賑やかです。
そんな中、ちょっと珍しい鳥がいますのでご紹介します。
それがこの鳥。わかりますか?
ホンセイインコ

この鳥はホンセイインコです。普通はペットとして飼われています。
東京都内ではペットとして飼われていたものが逃げ出して野生化し、今ではよく見かける鳥の一種です。
新宿御苑では餌場として群れで飛来してくるようです。
カーソルを乗せてご覧ください。


新宿御苑全体にいるようですけど、よく見かけるのはプラタナス並木周辺。
飛び立つ様子をカーソルを乗せてご覧ください。


木から木へと飛び移り、木のウロに頭を突っ込んで餌を探しているようです。
このホンセイインコは春には桜の花の蜜や花粉を食べるために花を食いちぎってしまう厄介者なんです。
カーソルを乗せ、クリック、ダブルクリックして御覧ください。


1969年頃から野生化の報告があって、今では都内では数千羽が生息しているようです。
ペットの野生化はいろいろな動物で言われています。
温暖化の影響で住める環境に近くなったのと、自然の適応力の高さでしょう。
それよりも、いろいろな動物が簡単に買えるようになり、飼い続けることの大変さ・飼い主として最後まできちんと飼うという責任が後回しになりすぎているのではないでしょうか。
一つの命に対する責任、環境に対する責任をしっかりと果たすことが飼い主には求められるし、販売する業者にも責任をもって対応してもらいたいですね。

命を粗末にすること、それは巡り巡って、私たち人間に還ってくる事になるでしょう。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | .新宿御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ、驚きました。
野生のインコが数千羽ですか!

あまり詳しくないのですが、生態系に
影響はないのでしょうか?

ほんとに、犬でも猫でも、その他ペットでも、
大事にしてほしいものです。
命の尊さを子供に教えるために、犬などを
飼ったものですがねえ・・・・
Posted by 四季歩 at 2012年01月23日 01:01
こんなにたくさん増えているのですね。知りませんでした。インコは飼われている姿しか見たことがないので、ちょっと不思議な光景に感じました。
桜を花ごとちぎるのはインコだったのですね。
これからも増え続けることを考えると、なんだか心配になります。
かといって、インコに罪はないというか、人間に原因があるわけで・・・・。
いろいろと反省が必要ですね。
Posted by かのこ at 2012年01月23日 18:48
四季歩さん

一番最初はペットショップから逃げたらしいのですが、それだけでは増えませんからね。家庭から逃げたり捨てられたりもあります。
今のところ生態系への影響はないようですが、このまま増えていけば何らかの影響が出てくるのではないでしょうか。
犬・ネコだけではなくいのちの尊さを学んでしっかりと育てて欲しいですね。


かのこさん

インコはかごの中の鳥というイメージですが、野生化してるんですよ。
悪さといってもインコが生きるためのことですから仕方ありません。
元をたどれば逃したり逃げられた人間が悪いわけですよ。
可愛いだけでは済まされない問題が多いですね。
Posted by ブドリ at 2012年01月24日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック