2011年12月29日

東京タワーと平和の灯と

クリスマスが過ぎると街は一気に年末ムード。
東京タワーもクリスマスムードから年末恒例の年号表示に衣替えしました。
カーソルを乗せてご覧ください。


東京タワーがいいのはやはり裾野の広がりにあると思うんです。安定感を感じさせるし、どこか富士山の裾の広がりに通じるものを感じさせてくれますよね。
東京タワー

芝公園には平和の灯というものがあります。
この平和の灯は港区のポータルサイトに次のように書かれています。
平和の灯
『平成17年8月15日、「港区平和都市宣言」を行ってから20年が経ちました。これを記念し、区立芝公園に設置しました。
ここに灯された「火」は広島市の「平和の灯(ともしび)」、福岡県八女市の「平和の火」、長崎市の「ナガサキ誓いの火」をあわせたものです。
この灯(ひ)を通じて、戦争の惨禍と平和の尊さを後世に伝えてまいります。』


この平和の灯を通して東京タワーを見つめてみました。
平和の灯と東京タワー

平和の灯に祈る未曽有の大災害に見舞われた今年。
非常に多くの方が命が失い、家族を、友人を失い、体や心に傷をおわれました。
原発事故によってふるさとを失う危険にさらされている方もいます。


戦争の惨禍と平和の尊さを伝える平和の灯ですが、この灯の前で来年は落ち着いた年になり、気持ちが安らぐ年になるよう祈らずにはいられませんでした。

カーソルを乗せてご覧ください。


「燃える灯に 平和を願う 年の暮」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック