2011年12月13日

月食と光環の共演

ようやく月食の記事をお届します。

みなさんは10日夜の天体ショー・皆既月食を見られましたか?
今年最後の天体ショー・皆既月食。
インターネットを調べるとツイッターでもブログでも非常にたくさんの方が見ていたようですね。

あいにく我が家からは一番欠けている皆既月食の状態が見えない位置になるので、厚着をし、お茶を抱えて近所の公園で9時半前から4時間頑張りました。

みなさんのところははじめから終わりまですっきりした空でしたか?
東京都品川区某所では・・・
日が暮れ月が上り見える位置に来た頃、撮影場所の最終確認のために出かけると、月の周りにだけ雲が広がっていました。
夕方の満月の光環
12月10日 18:16撮影

それでも月の模様が見られるように調整するときれいに見えるので、まあなんとかいけそうだなと手応えをつかみました。
夕方の満月

ただ、このままの状態なのか、雲が厚くなるのか極めて微妙な空模様。
これ以上厚くなってくれるなと祈りながら家に戻り、食事をし撮影に備え、21時半前に撮影しようと決めていた場所に三脚の準備を開始。
雲のスピードは早いものの流れてくる方向を見るとまだまだ羊の群れが続いていて、このまま月食開始になるだろうなぁという状態。
月食が始まる前にせっかくなので月の光環を撮影しました。
21:34 まもなく月食開始。
月食前の光環

月食スタート時刻の21:45の光環。
雲は怪しく広がったまんまで、月の左下に黒い影がちらっと見えています。
月食開始時の光環

月食開始後は終了まで5分ごとに月が欠けていく様子の撮影を続けていました。
その合間に光環が見られる間は撮影を続けてみました。

月食スタートから12分後21:57の光環。月が欠けているのがよくわかります。
欠けている月と光環

月食開始から17分後22:02の空。雲が薄らいできたようないないような。
月食と薄雲の光環

月食開始から26分後22:11の光環。
雲の流れが早く薄くなってきたような?それでも光環は綺麗に見えていました。
でも、このままでは皆既月食になったらちょっと危険。
月食と光環の共演

月食開始から30分後の22:16の月光環。
光環が見えてなかなか楽しませてくれて嬉しいんだけど、雲さんどいてと願うばかり。
55DSC72433.JPG

月食開始から40分後の22:25の月光環。
月が1/3ほど欠けてきても光環は見られました。
1/3欠けても見える光環

何ならこのまま皆既月食までこの状態でいてくれたら皆既月食でも光環が見られるか確認できるかもしれないからそれならそれでもいいやとも思ったら、この後すぐに羊の群れが通り過ぎてくれて綺麗な月食が見え始めました。
羊さんたちは今年最後は気をきかせてくれたようです。
というわけで、今回はやきもきしながらもちょっと楽しい月食と光環の共演をお届けしました。

今回見ていただいてわかるでしょうが、雲が多い状態が続き、時々月が隠れる、ということもあったんです。そのためカメラの設定を固定して撮り続けることができないという状態で苦労させてくれました。
次回はそんな風にして撮影した皆既月食をお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | .天体観測 月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリさんあの日の冷え込みはきつかったですね。その夜は五反田で忘年会でした。
若い子たちとの美味しいごちそうで満腹になった足でちらちらビルの間からピンクのイルミが見えたときブドリさんの言っていた冬の桜イルミだと気がつきみんなも誘って川岸に行ったのが9時ごろでした。
高層ビルにかかりそうな満月の月に誰かがこれから皆既月食だって〜
そこで熱いお茶で温まってからだよとふたたび喫茶店に居る間がブドリさんの三脚セットの撮影画像ですね。
カメラと撮影者の腕がいいから肉眼では気がつきにくい欠け始めの様子がとてもクリアでびっくりです。続きが楽しみです。
Posted by マルメロ at 2011年12月14日 23:51
マルメロさん

忘年会でしたか。
でも、多くの若い子たちと月を眺める機会は貴重でしたね。
楽しく見上げるのも一興ですよ。
しかも私が紹介した冬のサクライルミネーションも覚えていただいていたなんて嬉しい限りです。
カメラはいいのですが、腕はまだまだですね(^^;)
月食の写真はピンぼけもありましたからね。
Posted by ブドリ at 2011年12月16日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック