2011年12月08日

目黒川のイルミネーションと十三夜の月

12/6は月と木星が接近する日だったのですが東京は曇り空で見られませんでした。
その翌日の12/7。天気予報はずっと曇りだったので一眼をバッグに忍ばせてみたものの期待せず、帰りを楽しみにしていました。
会社を出て空を見上げると徐々に雲が広がりつつある雰囲気の空に十三夜の月と木星が見えるじゃないですか。前日よりは離れてるとはいっても十分に近い距離。
でも、怪しい雲行きだからここで撮影している場合ではなく、急いで電車に乗って移動しなければ!
と向かったのは大崎駅。大崎駅で降り、目黒川へ。
今年も行われているイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2011」の撮影と月の撮影を狙ってました。

目黒川に到着してまず撮影。
イルミネーションではなく十三夜の月と木星です。
イルミネーションに背を向けて撮る変な人でした。
カーソルを乗せてご覧ください。


うっすらと雲が広がっているので月光環も見えているのがわかりますよね。
月にズームインして月光環を撮影。虹色に分光しているのがわかりますか?
十三夜の月光環

冬のサクラをイメージしたピンクのイルミネーション。
その桜の中を漂う十三夜の月と木星です。木星がどこにあるかわかりますよね?
ピンクのイルミネーションと十三夜の月と木星

目黒川にかかる山本橋の上から両岸のイルミネーションを眺める月と木星です。
カーソルを乗せるとこの写真の下方、目黒川に映るイルミネーションと月が見られます。


メイン会場である品川区立五反田ふれあい水辺広場のイルミネーションと十三夜の月、そして木星です。この時間でも月の高さが高いので一緒に収めるのに苦労します。
カーソルを乗せてご覧ください。


ちなみにランプはすべてLED、電気は家庭や飲食店から出た廃食用油からリサイクルされた燃料での自家発電で賄っているんだそうです。
この目黒川のイルミネーションはまた後日お届します。

「街の灯が 凍える月を 温めて」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック