2011年11月29日

三の酉・浅草鷲神社

花畑大鷲神社の酉の市をお参りした後、東武伊勢崎線谷津駅から日比谷線直通で三ノ輪駅でおり、そこから程ない浅草の酉の市に行きました。

浅草の酉の市は、隣り合う酉の寺・長国寺と鷲神社、両方の「おとりさま」にご利益をお願いできることから「神と仏の酉の市」といわれ、多くの参拝客が訪れます。

参拝の列三ノ輪駅から向かうと、鷲神社の入り口まで100m弱のところから参拝の列が続いていました。
三ノ輪からだと参拝の列は夜になってもこの程度です。入谷側から来ると参拝の列は300〜400mぐらいになり、最後尾だと参拝まで有に1時間以上待つことになります。


入り口までもう少し先ほどの位置から20mぐらい進んだところです。入り口が見えてきました。
この時間はこの辺まではスムーズに流れていました。
ここでつかえてちょっとのろのろです。


のろのろ進んで5分程度で正面までたどり着き、境内へと進めました。
カーソルを乗せてご覧ください。


上の写真の暗くなった時の様子をカーソルを乗せてご覧ください。


本殿まであと少しなのにでも、ここからがちょっと大変。参道には参拝の人でびっしり。この先、本殿まで7、80mなのですが、20分程度かかります。


まもなく本殿。新宿の花園神社のように広くはないので提灯の数は多くありませんが、書かれた名前を見ると下町を代表する有名な所がたくさんあります。さすが浅草という感じですよ。見えないでしょうけど許してください。
日が暮れて明かりが灯った提灯をカーソルを乗せてご覧ください。




本殿左手にある渡殿では巫女神楽というのでしょうか、巫女さんが清めの太鼓を叩いています。カーソルを乗せてご覧ください。


鷲在山(じゅざいさん)長国寺そしてすぐ隣りにあるのが酉の寺・鷲在山(じゅざいさん)長国寺です。


長国寺の山門もきちんとあるのですが、鷲神社をお参りすると横に移動すればいいので来るときにはあまり通りません。ですが、大きな熊手が飾られ立派な門なんです。
こちらも提灯が灯った様子をカーソルを乗せてご覧ください。


境内には有名人の提灯も掲げられています。明かりが灯る前と灯った様子をカーソルを乗せてご覧ください。


いろいろ撮影して17時半過ぎに帰ったのですが、参拝はこの時間頃からピークを迎えます。
三ノ輪側も入谷側も長蛇の列です。でも、入谷川は4、500mに達している一方、三ノ輪側の方は100mぐらいとずっと短いですよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


賑やかな熊手売りの模様は次回お届します。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック