2011年11月13日

「のろまなローラー」

成長の早い子・遅い子、すぐに出来る子・出来ない子、いろいろいて当たり前。
いろいろな長所や短所があってあたりまえ。
それぞれの特色に合わせて見守ることを教えてくれる絵本です。

のろまなローラー(こどものとも絵本)のろまなローラー(こどものとも絵本)
小出 正吾 山本 忠敬

福音館書店 1967-01-20
売り上げランキング : 7099

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「のろまなローラー」
小出 正吾 文
山本 忠敬 絵
福音館書店

道路を直すローラーはいつもゆっくりゆっくり。
ローラーが、重い車をごろごろ転がしながら、道を行ったり来たり。
ぶっぶっぶっとトラックが「じゃまだよ、じゃまだよ。どいたり どいたり」といって追い越していきます。
立派な自動車や、小型の自動車が、のろまなローラーをばかにしながら追い越していきます。
先へ進むとローラーが通っていないでこぼこ道ではトラックがパンクしていました。
でこぼこ上り道では立派な自動車が、そしてその先では小型の自動車が。
ローラーが道を直していくと、その後からみんなローラーに感謝をしながら通り過ぎていきました。

スピードは遅くても地道に自分のスべきことをしっかりとこなしていくことの大切さを教えてくれる絵本です。
幼稚園や小学校に行って悩んでいるお子さんやお母さんにおすすめです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック