2011年10月08日

宝蔵院の彼岸花 その2

宝蔵院の彼岸花の2回目です。

立入禁止宝蔵院の薬師堂周辺の彼岸花を中心にお届けします。
薬師堂の前には薬師堂用の参道があって、この両脇には彼岸花が咲いて見頃を迎えると綺麗なんですよ。ところが・・・このような張り紙がしてあって立入禁止に!なんとも残念。
でも、大丈夫だよ、と立ち入る中高年がいるんですよ。
どこにでもいるんですよ、マナーの悪い人が。

張り紙

気分を取り直して、薬師堂の参道脇から撮影した彼岸花と薬師堂をカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。
彼岸花が満開になったらどんなに綺麗か想像してみてくださいね。


この薬師堂の参道脇には石地蔵群があります。彼岸花と揃い踏みです。
カーソルを乗せてご覧ください。


実はこの石仏群のあるところは賽の河原に並べられているんです。
 一重積んでは父のため  二重積んでは母のため  ・・・ 彼岸花が添えられるとあの世とこの世の無常を感じますね。
カーソルを乗せてご覧ください。


そんな無常を感じるところから、また前回と同じ石仏群の前に行くと、今度は黒いアゲハチョウ(おそらくクロアゲハ)が飛んできて、花から花へと飛び回って結構長いこと蜜を吸っていましたよ。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


ひとしきり蜜を吸っていくと、じゃあねと、飛び去って行きました。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


クロアゲハも飛んでいったしまったので、私もこの辺でと、宝蔵院をあとにして次の場所、皇居東御苑に向かいました。
この続きはまた今度。
参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 秋の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック